意外と知らない!ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット

髪に優しいと人気が広がっているノンシリコンシャンプー。ノンシリコンシャンプーが髪に良いというのは何となく知っているけれど、実際どんなメリットがあるのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?ここでは、ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットについて紹介します。

ノンシリコンシャンプーとは?

そもそも、ノンシリコンシャンプーとは、どのようなシャンプーのことを指しているのでしょうか?一般的にシャンプーに配合されているシリコンは、正式にはシリコーンといい、シリコン(元素の1つであるケイ素)を化学的に合成処理したものです。ジメチコン、シクロメチコン、シロキなどの成分があり、髪のキューティクルを保護し、指通りをなめらかにする役割があります。

人体に対して刺激が少なく、安全性も高いため、化粧品などにも使われています。そして、これらシリコンの成分が配合されていないものが、ノンシリコンシャンプーです。

ノンシリコンシャンプーのメリット

では、ノンシリコンシャンプーには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

1.カラーリングやパーマがしっかりとかかるので持ちが良くなる

ノンシリコンシャンプーの一番の利点は、カラーリングやパーマがしっかりとかかるようになるということです。シリコンには、髪のキューティクルに張り付いて髪を保護する働きがあるため、シリコン配合のシャンプーを使っていると、カラーリングやパーマの薬剤が浸透しにくくなってしまうのです。また、シリコンの重さでカールがダレてしまって、パーマが取れやすくなるとも言われています。

その点、ノンシリコンシャンプーなら、シリコンが髪をコーティングしてしまうこともないので、カラーリングやパーマがしっかりとかかり、その後の持ちもかなり良くなります。

2.髪に軽さが生まれる

シリコン配合のシャンプーを使うと、シリコンのコーティング作用で髪に重さがプラスされ、髪の細い方などはぺしゃんと潰れてしまうことがあります。ノンシリコンシャンプーなら、髪に軽さが生まれるので、髪が細い方でもふんわりとしたスタイルを作ることができるようになります。

3.頭皮を健やかに保つことができる

シリコン配合のシャンプーを使った時に、しっかりすすぐことができていないと、頭皮にシリコンの成分が残って、フケや痒みなどの頭皮トラブルを招く可能性があります。ノンシリコンシャンプーであれば、頭皮にシリコンの成分が残ることもないので安心です。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

では次に、ノンシリコンシャンプーのデメリットについて見ていきましょう。

1.髪がきしむ、手触りが悪くなる

ノンシリコンシャンプーを使い始めると、今までシリコンでコーティングされていた髪がすっぴんの状態になるので、髪がきしんだり、手触りが悪くなるといった感想を持つ方もいます。

2.頻繁なカラーリングやパーマで傷んだ髪は、ダメージが進行することも

シリコンでのコーティングがないと、シャンプーをしている時に髪同士の摩擦でキューティクルが剥がれてしまい、髪のダメージが進行してしまう場合があります。

3.ドライヤーやヘアアイロンの熱に弱い

ノンシリコンシャンプーには、髪をコーティングする作用がないので、ドライヤーやヘアアイロンの熱で髪がダメージを受けやすくなります。

これらのデメリットをカバーするためには、シャンプーをする時には髪を優しく洗う、トリートメントでしっかりと髪の傷みを補修する、髪を乾かす前にはアウトバストリートメントを使うなどの工夫が必要です。

ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットをきちんと把握し、自分の髪質に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう!