髪の傷みの原因になる!気をつけたいシャンプーの成分

可愛いパッケージやお気に入りの香りなど、女性はつい外見の良さでシャンプーを選んでしまいがち。

でも本当に髪のことを考えるなら、配合されている成分をしっかりと確認して髪に良いシャンプーを選びたいですね。ここでは、髪の傷みの原因になると言われる気をつけたいシャンプーの成分を紹介します。

まずは洗浄成分をチェックしましょう

シャンプーを購入する際、実際にパッケージ裏の表示を見て成分を確認したことはありますか?化粧品として分類されている一般的なシャンプーは薬事法で全成分表示が義務づけられており、成分の配合量が多い順に表示されています。

シャンプーの場合、水の次に表示されているものが洗浄成分となります。実はシャンプーの成分で最も気をつけなければならないのが、この洗浄成分なのです。

シャンプーは洗浄成分によって大きく高級アルコール系シャンプー、石けんシャンプー、アミノ酸系シャンプーの3種類に分けられます。市販の安価なシャンプーの多くは高級アルコール系シャンプーに該当し、この高級アルコール系シャンプーに配合されている石油由来の界面活性剤が髪の傷みの原因になると言われています。

以下で、気を付けたいシャンプーの成分について具体的に紹介します。

気をつけたいシャンプーの成分3つ

シャンプーには多くの成分が配合されており全てを把握するのは難しいですが、髪の傷みの原因となる成分を覚えておき、それを避けるようにすると安心です。

1.ラウリル硫酸Na

高級アルコール系シャンプーの代表とも言える洗浄成分。石油由来の界面活性剤で、泡立ちが良く、洗浄力も強いので、かつては多くのシャンプーに使われてきました。しかし、分子量が小さく、頭皮や髪に浸透しやすいため、肌荒れや髪の傷みを引き起こすことがあり、最近では使われることが少なくなってきています。

2.ラウレス硫酸Na

ラウリル硫酸Naの分子量を大きくして浸透力を抑え、ラウリル硫酸Naよりも刺激をやや弱くしたのがラウレス硫酸Naです。しかし石油由来の界面活性剤であるため洗浄力が強いことに変わりはなく、頭皮に必要な皮脂まで奪い取ってしまいます。

またカラーリングの褐色作用や、パーマ液の浸透を妨げてパーマの持ちが悪くなるなどのデメリットもあります。市販の多くのシャンプーに配合されているため、注意が必要です。

3.オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸Naなどの石油由来の界面活性剤よりは、やや刺激が弱いと言われています。しかし洗濯用・住居用洗剤としても利用されるなど、こちらもやはり脱脂力は強く、肌の弱い方にとっては気を付けたい成分です。

健康な髪作りは、シャンプー選びから始まります

髪の傷みが気になってくると、ついトリートメント選びに力を入れてしまいますが、頭皮環境が整っていなければ髪は健康にはなりません。頭皮と髪に刺激を与えてしまうシャンプーを避け、マイルドな洗浄成分のシャンプーを選んで、健康な髪作りに努めていきましょう!