夏までに知っておきたい!髪の紫外線対策5選

アウトドア&イベントをはじめ、夏はアクティブな機会が増えるシーズン。思いっきり夏を楽しむためには、しっかりとした髪の紫外線対策も重要です。「パサつき」、「ツヤがない」とお困りの方にもおすすめの紫外線対策のコツをご紹介します。

きれいな髪の天敵は紫外線

パサつき、ツヤがない、枝毛や切れ毛が多いなど、髪のトラブルでお困りではありませんか?その原因はパーマやカラーリングによる傷みではなく、紫外線かもしれません。

よく肌の天敵とはいわれますが、紫外線は髪にとっても同様。ダメージを受け続け、ケアをせずに放っておくと悪影響ばかりが積み重なります。

つまり、外出が多くなる夏こそ「髪の紫外線対策」が必要です。これからもキレイな髪をキープするために知っておきたい紫外線対策の方法をおさえておきましょう。

まずは手軽にできる紫外線対策から

紫外線は外に出れば必ず降り注ぐものですから、その対策も手軽にできる方法から身につけていきましょう。

・「日傘&帽子」…肌や髪に紫外線が当たるのを抑えてくれます。日傘は色が濃いめで厚手のもの、帽子はつば広で、パステル系の通気性のいいものがベストです。

・「髪をまとめる」…帽子などがないときに効果的な方法。紫外線を受ける面積を最小限にすることがポイントです。デコルテはUVカットストールで保護しましょう。

・「トリートメント&紫外線スプレー」…「洗い流せるトリートメント」は、髪を紫外線はじめ、摩擦やドライヤーの熱からもガードしてくれます。振りかけるだけの紫外線スプレーならば忙しいときでも楽です。

食事で紫外線に負けない元気な髪づくり

髪の紫外線対策は外側からだけでなく、体の中からも実践することができます。有効ビタミンが多く含まれる食材を取り入れ、紫外線に負けない髪を育てましょう。

・ビタミンC…頭皮の毛細血管を活性化させ、丈夫な髪を促します。ブロッコリー、赤ピーマン、イチゴ、アセロラなどに多く含まれるビタミンです。

“ビタミンCは髪の毛の成長を促し、髪の毛を強くするのに非常に効果的な栄養素です。ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、そのコラーゲンにより髪の毛の細胞がしっかりと結び付き合うことで健康な髪づくりを助けます。”

出典 女性の美学|髪の毛から爪まで!キレイになりたい人の強い味方ビタミンCの美容効果

・ビタミンE…髪の成長に大切な血液の流れをサポートし、女性ホルモンの分泌も促します。アーモンドやピーナッツなどのナッツ類に多く含まれるビタミンです。

“髪の毛に必要な栄養素が毛母細胞に届きやすくするためには血液の循環がよいことが大切です。 ビタミンEは血管を拡張し、血液循環をよくする働きや、女性ホルモンの分泌を助ける働きがあります。”

出典 女性のためのヘルスケア|ビタミンを摂らないと髪が薄くなる!?その理由とは?

体の内側と外側のヘアケアで夏も元気に過ごそう

髪は体の内外からケアしていくもの。日傘や帽子を活用することも効果的ですが、実は普段の食生活から対策できることも多くあります。栄養素によるいい髪づくりでは、ビタミンCとEを一緒に摂取するのがおすすめ。

たとえば、ピーマンとアーモンドにじゃこをプラスした「じゃことピーマンのアーモンド炒め」など、夏野菜を使える美味しいレシピもたくさんありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

地道なヘアケアも継続的に行えば髪のトラブル改善につながります。キレイな髪を生む習慣を心がけて、夏をアクティブに過ごしていきましょう。