あなたも手遅れじゃない!紫外線で傷んだ髪のケアまとめ

紫外線で傷んだ髪に悩んでいる方は多くいます。髪は一度ダメージを受けてしまうと、生え変わらない限り再生しないため、早め早めの対策が重要になってきます。どのくらい紫外線が髪にダメージを与えるか、傷んでしまった髪の紫外線ケア、そして今後の紫外線対策などをご紹介します。

肌の何倍もの紫外線の影響を受ける髪

UVケアを髪までしっかりと行っている方は意外と少ないかもしれません。しかし、一度外に出れば日光をダイレクトに浴びてしまう髪は、肌の数倍もの紫外線の影響を受けます。

髪の表面を見て「ツヤがない」、「枝毛・切れ毛が増えた」、「髪が茶色っぽい」などの症状が目立つようであれば、紫外線のしわざかもしれません。紫外線から髪を守る方法はたくさんあり、手軽にできることもありますので、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

手軽に気をつけられる紫外線ケア

髪を紫外線の影響から守るには、なんといっても紫外線に当たらないことが大切です。日差しの強い日や、長時間の外出などは、「帽子や日傘」がおすすすめです。帽子は通気性がよく、色は熱がこもらないパステル系、そしてつば広タイプがいいでしょう。

日傘では、厚手で、黒や紺など濃い色のものが紫外線をよく抑えてくれます。

また、急な外出など帽子や日傘を用意できないときには、髪をまとめて日光が当たる表面積を小さくしておくと効果があります。

しっかりしたヘアケアで、夏も安心

毎日の気軽に使えるUVカットのシャンプー&トリートメントもたくさん登場しているので、これらも紫外線ケアにはとても魅力的です。特に“洗い流す必要がないトリートメント”は、紫外線カットだけではなくツヤ効果も発揮してくれるので、外出時にとても心強い紫外線ケアとなります。

本格的な紫外線対策を望む方へのおすすめは、紫外線スプレーです。まんべんなく髪に効果がいきわたるスプレータイプなので、手軽でなおかつ効果的な紫外線ケアを期待することができます。

お子さんにも使える「紫外線吸収剤フリー」や、「敏感肌用の紫外線散乱剤」タイプもありますのでチェックしてみてくださいね。

この夏は紫外線を怖がらない、元気な髪で過ごそう

ここまで髪が受けるダメージを中心にご紹介しましたが、紫外線は薄毛・抜け毛になる原因にもつながります。ボリュームが足りないと髪にはなにもしないほうがいいのでは…と思いがちですが、毛量を保つためにも紫外線対策は重要です。

現在、紫外線の髪の痛みに困っている方も、そして紫外線の影響が気になるという方も、しっかりと紫外線ケアをしていきましょう。山や海でのアウトドア・バケーション。そして、フェスなどのイベント満載の夏。思い出に残るシーズンは、元気でキレイな髪からスタートです。