本当に安全?髪に合った紫外線スプレーの選び方

夏の強い日差しから髪や頭皮を守る、紫外線スプレー。しかし、スプレーそのものによってダメージを受けてしまう場合もあります。髪と頭皮を傷めず、しっかりと紫外線から守ってくれる紫外線スプレーの選び方のご紹介です。

紫外線は髪にもご用心

夏のシーズンの肌の大敵が、紫外線。外出時にはUVカットの日焼け止めクリームの使用が欠かせません。紫外線を浴び続けることは、肌のメラニンが破壊され、シミや老化を促進させてしまいます。

実は、紫外線でダメージを受けるのは髪も同様。キューティクルに負担がかかり、メラニンが破壊されてしまうと、ツヤがなくなったり、枝毛・切れ毛ができやすくなってしまいます。したがって、紫外線スプレーなどで肌と同じように髪や頭皮も紫外線から守ってあげる必要があるのです。

紫外線スプレーで気をつけたいこと

手軽に夏の髪を労わることができる紫外線スプレーですが、使用する前に少し気をつけておきたいこともあります。というのも、紫外線スプレーには「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」という成分が入っている製品があり、髪にダメージを与えてしまう場合があるからです。

紫外線によるダメージと同様の「ツヤがなくなる」や「枝毛・切れ毛」といった症状や、薬剤による頭皮のかぶれが発生してしまうケースもあります。

ただ、 「紫外線吸収剤フリー」や「敏感肌タイプの紫外線散乱剤使用」のスプレーも市販されていますので、過度に神経質になる必要はありません。髪に薬剤を残さないためにも、使用後はしっかりと洗い流すようにしましょう。

賢い紫外線スプレー選びは「パッチテスト」から

紫外線吸収剤や紫外線散乱剤の影響が心配な方は、髪や頭皮のパッチテストがおすすめです。方法はとても簡単。スプレーを一部の髪の先端だけにつけておき、1日〜2日程度様子を見るだけです。シンプルな方法ですので、キレイで健康な髪のためにもテストを済ませておきましょう。

また、紫外線スプレーの容器には「SPF」と「PA」が表示されています。数値や度合いが高いほど紫外線対策の効果がある一方、髪や頭皮にもダメージが大きいと考えられています。パッチテストと併せて、紫外線スプレー選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

髪は傷む前に、しっかりケア

肌と違って、髪は一度ダメージを受けてしまうと、生え変わらない限り再生はしません。キレイな髪を維持するためには紫外線スプレーの使用も大切ですが、トリートメントによる保湿など、何より日頃のお手入れもとても重要です。

毎日のヘアケアと紫外線対策で、夏も怖くない髪をつくってみてくださいね。