要注意は夏だけではない。紫外線と白髪の関係

夏になると、日焼けなどの紫外線の影響には敏感になります。しかし、紫外線が強くなるのは夏よりも前の季節からなのです。

紫外線の影響は、肌だけではありません。しっかりとした紫外線対策は、白髪予防にもなるのです。

本当に紫外線の強い月や時間は?

一般的に、真夏になると紫外線が強くなるという印象があります。しかし、実際には紫外線は5月から9月までの間が最も強くなります。夏になってからUVケアをはじめても、実は遅いのです。

また、時間的には10:00~ 16:00までが紫外線量が多く、ピークは12:00ごろになります。雨の日や曇りの日でも紫外線はしっかりと地上に届いていますし、油断することなくUV対策を取りましょう。

紫外線はワルモノ?

過度に紫外線に当たると日に焼けるだけではなく、ほかにも様々な悪影響があります。強い紫外線に当たると、細胞は活性酸素を発生させて老化を早めることになります。日に焼けた跡がシワになったり、シミになったりするのはこのためです。髪も例外ではなく頭皮が紫外線に当たることで、毛母細胞の働きが鈍くなり、抜け毛や白髪などの原因になります。

しかし、一方で紫外線は生物には、必ず必要なものです。紫外線に当たることで、体内でビタミンDが生成されます。

ビタミンDは、カルシウムの生成に必ず必要ですから、健康な身体のためには紫外線も欠かせないのです。最近では、UV対策が進みすぎて、ビタミンD不足に陥る人もいるようです。

紫外線の髪への影響

光老化という言葉があります。光を浴びることで起こる、老化現象のことを言います。

一番わかりやすい髪への影響は、日焼けです。大量の紫外線が髪に当たると、髪の内部のメラニン(色素)を破壊してしまいます。真夏に一日中外にいると髪が茶色くなりますが、これは紫外線によって髪の色素が破壊されて起こる現象です。

また、紫外線の影響は細胞にも到達しますから、毛根が傷つき白髪が生えることもあります。毛根内の毛包にあるメラノサイトという色素細胞が、紫外線でダメージを受けてしまい髪に色を付けることができなくなるのです。

まさに、紫外線を浴びることで、光老化が起こっているのです。

対策は早めに開始して

肌に日焼け止めを塗るように、髪にも紫外線対策をしましょう!最近では、髪用の紫外線防止スプレーやミルクなどがあります。お出かけ前にサッと使用するといいでしょう。頭皮の保護は、お顔の洗顔後の化粧水と同じように、シャンプー後に頭皮用の化粧水(ローションなど)をつける事をおススメします。

5月に入ったらすぐに、外出するときは帽子を被ったり、日傘をさしたりする必要があります。最近は、UVカットの素材の帽子や日傘があるので、利用すると良いでしょう。

また、外出する時間もお昼時は避けて、できるだけ朝や夕方にすると良いかもしれません。

ずっとある紫外線

紫外線が降り注ぐのは、季節的なものはなく、基本的には1年中存在しています。強い時期が5月から9月であるだけですので、たとえ冬でも油断をしてはいけません。

冬に日傘は季節外れですが、帽子を被ると防寒にもUV対策にもなります。1年を通じた紫外線対策で、髪と頭皮を労りましょう。