一日中降り注ぐ紫外線、一日のうちで一番強いのは?

紫外線は髪の毛と肌を傷める、まさに美容の大敵。でもこの紫外線は一日のうちのどのタイミングで降り注ぎ、そしてどの季節が多いか、ということをご存じでしょうか?

紫外線の多い季節、紫外線の多い時間

紫外線の多い季節というと、まっ先に7月と8月を思い浮かべると思います。実際、1年の中で7月がもっとも紫外線が強いと言われています。次いで多いのが8月です。

しかし実は、5月も8月とほぼ同じ量の紫外線が降り注いでいるのです。4位は6月、その後には4月、3月と続くため、春も紫外線は強いと言えます。また、紫外線は冬場はそれほど多くないと思われていますが、それでも7月の半分ほどの量の紫外線量が観測されています。

一日のうちで紫外線がもっとも多い時間帯は11時台と12時台で、この2つがツートップです。次いで僅差で13時台が続きます。14時台になると紫外線の量は若干下がり、17時以降になるとほとんど観測されなくなります。

気を付けたい、朝の通勤時

朝の通勤時に紫外線を浴びる、という人も多いかと思います。7時台はそれほど紫外線は強くありませんが、8時台に入ると、紫外線の量は一気に増えます。7時台の約5割増しであり、かなりの量の紫外線が観測されています。そのため、8時以降に出勤するという人は注意が必要です。

紫外線を受けると、髪の毛の表面がダメージを受けてしまいます。また、それのみならず、頭皮が日焼けすることすらあります。

このような状態というのは髪の毛の健康を大きく阻害し、美髪作りの邪魔をしてしまうのです。特に保湿が十分にされていない髪の毛だと、被害は甚大です!

肌を紫外線から守るためのアイテムは色々なものが出ています。日焼け止めクリームなどはその代表例であり、何百という数の商品が展開されています。

しかし髪の毛の場合、黒ずんだり皮がむけたりといった「目に見える変化」が少ないため、ついついケアを怠ってしまいがちです。でも紫外線は、肌のみならず髪の毛にも大きな悪影響を及ぼしてしまうのです!

きれいな髪の毛を作るためには、一年を通したケアが必須です。特に朝や昼間は、帽子などでしっかり髪の毛を守るように努めましょう!

万が一、強烈な紫外線を受けてしまった場合は、トリートメントなどでケアに努めてください。早く対処をすればするほど、傷は浅くなりますよ!