紫外線は髪の痛みの元!アフターケアはどうしたらいい?

紫外線が肌にダメージを与えること、結果として美白が損なわれてしまうことは、もう誰もが知っていることだと思います。でもこの紫外線、お肌だけでなく髪の毛にも大ダメージ!その理由やアフターケアについてお話ししていきます。

紫外線は髪の毛にも大ダメージ!その理由は?

紫外線は、髪の毛にも大きな悪影響を与えます。紫外線の「光」は、髪の毛の表面にあるキューティクルを攻撃してきます。キューティクルは髪の毛の「バリア」でもありますが、ここだけですべてをシャットアウトできるわけではありません。このキューティクルをすり抜けて、内部のメラニンを分解してしまうため、健康な毛の髪でも赤茶けた色になってしまいます。

結果として、髪の毛もダメージを受けることになります。

髪の毛がダメージを受けた場合、切れ毛や枝毛などのような髪トラブルを起こすと言われています。紫外線が毛髪のタンパク質を構成する「システィン」という結合部分にもダメージを与えられてしまうため髪の毛が不自然な所で切れてしまったりします。これが枝毛や切れ毛と言った現象です。また、かさつきや抜け毛を助長することにもなるため、気を付ける必要があります。

予防には帽子や保湿が有効です。でも「夏の間に対策をするのを忘れていた…」という人も、落ち込まないで。アフターケアの方法を知っておけば、その被害は最小限に抑えられます!

アフターケアはどうするの?

紫外線を受けた後の髪の毛に対するアフターケアとしては、
・清潔な環境を保つ
・補修
・保湿
が大切になってきます。

髪の毛がダメージを受けたということは、その髪の毛を支える頭皮もダメージを受けた、ということになります。ホホバオイルなどを使って優しくマッサージしてあげると良いでしょう。頭皮の状態を良くし、フケなどの発生を抑え、頭皮を清潔に保つことが第一です。

次に、「傷んでしまった髪の毛を補修すること」が必要になります。これには、トリートメントを使うと良いでしょう。揉み込むとしっかりと内部まで行き渡りやすくなります。よりしっかり内部まで浸透させたい場合は蒸しタオルなどで髪を温めるとキューティクルが開き浸透しやすくなります。リンスやコンディショナーも効果はありますが、現在、「髪の毛の内部のダメージ」にまで浸透することができる、と考えられているのは、トリートメントだからです。

自分に合ったトリートメントを選びたいですね!

そして、最後に「保湿」がきます。保湿は、肌を守る上でも髪の毛を守る上でも重要なキーワードです。

しっかり保湿された状態というのは、髪の毛のキューティクルの上に、もう一重のバリアを張り巡らせるようなものです。これから先受けるであろう紫外線から髪の毛を守る上でも、とっても重要なのです!

紫外線を受けた後の髪の毛、しっかりアフターケアに努めて守っていきたいですよね。