車内でも日焼けする!?UVカットフィルムで紫外線予防を

夏の間、特に気をつけたいのが、うっかり日焼け。屋内や車内なら安心だと油断していませんか?実は、紫外線は屋内にいても届いてしまうため、しっかりと紫外線対策をする必要があるのです。今回は、車を運転する人におすすめの紫外線防止フィルムについてご紹介します。

紫外線A波はガラスを通過する!

肌老化を早めると言われる紫外線。紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニン色素が作られますが、ターンオーバーが正常に働かず、うまく排せつされないとシミの原因になってしまいます。また、髪の水分量が低下してパサついたり、頭皮が乾燥したりと髪や頭皮にも悪影響が…。

紫外線には、A波(UV-A)とB波(UV-B)があり、A波は肌の奥の真皮にまで届き、肌にダメージを与えます。一方、B波はA波よりもエネルギーが強く、ヒリヒリとした赤い日焼けを起こします。紫外線A波はガラスを通過してしまうので、屋内や車内にいるときでも、紫外線対策は欠かせません。

車内の紫外線対策にはUVカットフィルムがおすすめ

このように、車内にいるときでも、ガラスを通過した紫外線は降り注いでいます。車を運転するとき、アームカバーをつけて腕の紫外線を予防する人は多いですが、髪は無防備で何も紫外線対策をしていないという人がほとんどなのでは?

紫外線を浴びると、髪を構成しているケラチンタンパク質がダメージを受けて、髪のパサつき・ゴワつき・ツヤの低下などを引き起こすと言われています。車内にいるときでも、髪の紫外線対策は万全にしておきたいですね。

車内の紫外線対策でおすすめしたいのが、紫外線カットフィルムを活用すること。紫外線カットフィルムには、さまざまな種類がありますが、特に運転席側に近いフロントガラスやフロントサイドガラスに貼れるものがおすすめ。紫外線カット効果はもちろんのこと、遮熱率も高く、暑い夏でも車内の温度が上昇するのを和らげてくれます。

ただし、車の窓ガラスは、走行時の安全性を確保しなければならないという観点から、フロントガラス・フロントサイドガラスにフィルムを貼る場合は、貼った状態で可視光線透過率が70%以上になるよう法律で定められています。フィルムを貼るときには、可視光線透過率に気をつけるようにしましょう。

サングラスで目から入る紫外線も予防

車内にいるときは、目から入る紫外線を防ぐために、サングラスをかけるのも効果的です。サングラスは色の濃いものだと、目が光をより多く取り込んで目への負担が大きくなってしまうので、色の薄いものを選ぶと良いでしょう。

紫外線カットフィルムを上手に活用して、髪への紫外線ダメージを防ぎましょう!