頭皮の日焼けで髪がボロボロに!?紫外線の恐ろしい影響とは

頭皮と髪の毛は密接な関係にあります。頭皮の紫外線対策を怠ると髪の毛にも甚大な影響を与えてしまうことに…!紫外線による影響を知り、髪の毛と頭皮をしっかり保護しましょう。

紫外線が及ぼす影響とは

紫外線による髪のダメージは2種類あります。1つはキューティクルにダメージを与えて髪のパサつきや枝毛、切れ毛といった症状。

2つ目は紫外線により、髪の内部にある髪を黒くしているメラニン色素が分解され退色してしまう現象です。

多く方が枝毛や切れ毛などの症状が出てからケアを始めますが、髪の毛は死んだ細胞によってできているため、再生能力がありません。そのためいくらケアをしても元に戻すことは困難で、お肌以上に紫外線対策が大切なのです。

メラニン色素分解で髪の毛が真っ白に!?

髪同様紫外線対策で見落としがちなのが頭皮。お肌同様、頭皮も皮膚の一部なので、当然紫外線に当たれば頭皮の老化を進めます。

頭皮の老化が進むと抜け毛や薄毛、白髪といった症状を引き起こします。とくに紫外線にはメラニンを分解する作用があるため、若白髪の原因にもなりかねません。特に注意すべきは髪の分け目。直接紫外線が頭皮に当たるためしっかりと紫外線対策をする必要があります。

髪と頭皮を紫外線から守る方法

方法は至ってシンプルで、頭皮に紫外線が当たらないように対策をすることです。

日傘をさしたり、帽子をかぶるなどして、紫外線が直接当たらないようにしましょう。また、最近では髪と頭皮用の日焼け止めがありますので外に長時間いなければならないような日は必ず日焼け止めをつけてからおでかけください。

帰宅後はトリートメントをし、髪の水分補給を行うことも大切です。