知ってた!?紫外線が髪の毛に及ぼす影響

お肌の紫外線対策はばっちりでも、意外と頭皮の紫外線対策をしている人は少ないようです。ですが、お肌よりも1年中紫外線を多く浴びているのは頭皮。そこで、紫外線が髪に与える影響とはどんなものなのか、またどのようにケアしたらよいのかをご紹介します。

髪がパサつく原因は紫外線にもあり!

髪がパサついたりしたとき、パーマやカラーで傷んだと思っていませんか?もちろん、カラーやパーマによって傷む場合もありますが、実は紫外線の影響で髪がパサついている場合もあるのです。

紫外線を浴びることで髪のキューティクルが破壊され、髪の内部が乾燥し、健康な髪を作る材料となるタンパク質やアミノ酸など栄養が失われてしまいます。そのため、髪がパサつきやごわつきなどダメージを引き起こしてしまいます。

また、紫外線は髪の毛の色を作っているメラニンも破壊してしまうため、髪の色を変色させてしまいます。

このような影響があるため、お肌と同じく髪や頭皮の紫外線対策も重要になってきます。

普段から気をつけたい髪の紫外線対策

では、普段からどのように髪の紫外線対策を行えばよいのか見てみましょう!

外出時は帽子や日傘を使用する

帽子や日傘を使用すれば簡単に紫外線を対策することができます。しかし、帽子は蒸れてしまう場合がありますので通気性のよいものを使用しましょう。

UVスプレーを使う

肌と同じように頭皮に日焼け止めを、というわけにもいきませんが、最近は髪専用のUVスプレーも多く市販されています。スプレーは持ち運びも便利なので、出かける前だけでなく、外出時にもこまめにケアできます。

髪によい食事を摂る

ケア以外にも、体の内部から髪や頭皮に栄養を不足させないようにすることも大切です。髪にいい食材と言えば、ワカメなどの海藻類などが有名ですが、その他にもビタミンC、アミノ酸、亜鉛など髪に必要な栄養が含まれた食事を普段からバランスよく摂るように心掛けましょう。

シャンプーできちんと頭皮の汚れも取ろう!

紫外線を浴びた後にシャンプーできちんと頭皮の汚れを取ることも大事です。頭皮汚れが残ったままですと、それが抜け毛や薄毛の原因にも。

まずはぬるま湯でよく髪をすすぎ、爪をたてないように優しくマッサージするようにシャンプーをしましょう。シャンプーが頭皮に残らないように、しっかりとすすいだ後は、髪のキューティクルを保護し、髪に栄養を与えてくれるトリートメントをして、髪の毛のダメージをケアしましょう。

このように普段から髪の毛の紫外線対策も忘れずに行い、サラサラで綺麗な髪を保ち、紫外線から守りましょう!