紫外線の多い季節。ポイントを押さえたケアで、潤ツヤ美髪をキープ!

紫外線の多い季節。肌のUV対策だけでなく髪のダメージも気になる方が多いのでは?実は、髪を紫外線ダメージから守るにはダメージしやすいタイミングを知ることが大切。これさえ知れば、潤いツヤ髪はあなたのもの!

知っているようで知らない、紫外線の髪への影響

始めに知っておいていただきたいのが、実は髪って、紫外線に強いんです。なぜかというと、髪にはもともと肌や髪を黒く見せる色素である「メラニン」が多く含まれており、目に見えない色の波長である紫外線を吸収してしまうため、髪へほぼ紫外線の影響はありません。

日傘でも黒色を選んだほうがUVカット効果が高いのと同じですね。そんな髪が、なぜ夏になるとパサつきやすかったり、ヘアカラーが抜けやすいのかというと、髪が「アルカリ性の状態で紫外線を浴びる」機会が増えるからなんです。

いつもの乾いた髪は、キューティクルを締めるために酸性を保っています。それがアルカリ性になるとキューティクルが開き、紫外線が髪内部の潤いを奪ってしまうというわけ。ということは、髪を酸性に保つケアをすれば、いつもの紫外線に強い状態を保つことができます。

ここを抑えればOK!夏のヘアケア

キューティクルが開き、髪の潤いが抜けやすい「アルカリ性」になるタイミングはこの3つ。

1:髪が汗でビッショリ濡れている時
2:海水やプールの水で髪が濡れている時
3:ヘアカラーなどをした後の数日間

全てに共通する「キューティクルが開いた状態」を正常に戻すためには、「シャンプー選び」にコツがあります。ポイントは「泡立ちが良い」こと。「クエン酸配合」であればさらにGOODです。髪が濡れた後や、カラー後数日間もシャンプーはおこないますよね。

アルカリ性でキューティクルが立ち上がっている状態の髪は、シャンプーの泡立ちが悪いとひっかかり、大切なキューティクルが剥がれてしまいます。キューティクルは一度剥がれると元に戻すことができないので、手でシャンプーを泡だて、汗や海水、薬剤を優しく取り除くように、頭皮からしっかり洗ってください。

クエン酸配合であれば、アルカリ性を酸性に戻す効果が高くなるので、より早く髪を健康な状態に戻すことができます。でも、濡れた髪をすぐに洗える状態でない場合、洗い流さないトリートメントが活躍。

クリームタイプやオイルタイプを濡れた髪につけておくだけで、キューティクルの保護をしてくれます。日傘などで直接紫外線を浴びないようにするのも手です。

髪の日焼け止めは必要?

“髪が焼ける”という現象はないので、髪の日焼け止めもキューティクルを保護していると考えてください。ただしスプレーも濡れると取れてしまうので、洗う際のシャンプー、洗い流さないトリートメントor日傘はぜひ夏のケアアイテムとして選んでみてくださいね。

秋をキレイな髪で過ごそう

夏のケアをきちんとすれば、秋のカラーもキレイな髪で楽しめます。ちょっとしたケアで格段の差が出るので、ぜひキレイな髪で紫外線の多い季節を乗り切りましょう!