もう切るしかない?傷んだ髪を治す方法と予防策

傷んでしまった髪を切らずにツヤツヤの状態に戻すことはできるのでしょうか。髪の傷んだ状態とはどのようなものなのか、髪の傷みを治すことはできるのか、またダメージヘアを避けるための予防法について紹介していきます。

髪の傷みは元に戻る!?

傷んだ髪は、表面のキューティクルがはがれて、タンパク質が流れ出てスカスカになった状態です。髪は皮膚とは違い新陳代謝によって、新しい髪へと生まれ変わることはありません。そのため、痛みのある髪を完全に元通りの髪に戻すことはできないのです。

しかし、トリートメントで脂質やケラチンを補い、表面のキューティクルを保護することで、髪の状態を改善することはできます。また、さらに傷んでしまわないように、髪のお手入れに気を配ることが大切です。

髪の傷みはどう予防する?

髪の痛みを予防するためには、ドライヤーで乾かすことと、UVケアを欠かさないことが大切です。

ドライヤーの熱は髪を傷めるからと、自然乾燥にしていませんか。濡れている髪はキューティクルが開いた状態のため、髪同士が擦れると痛みやすいですし、チリやほこりがついて雑菌が繁殖しがちです。低温の風や高温と冷風を交互に使い、5~10分ほどで乾かしましょう。

また、髪は紫外線の影響で表面のキューティクルがはがれやすくなったり、色が変わったりしてしまいます。日傘や帽子、UVカットスプレーで紫外線を予防しましょう。

髪の傷みを進行させない洗い方とは

髪の傷みを進行させないためには、日頃から正しいシャンプー方法で髪を洗うことが欠かせません。

絡まった髪を無理にほぐそうとすると、髪の傷みを招く原因となります。シャンプー前にはブラッシングをしておきましょう。さらに、シャンプーをつける前にお湯で予備洗いをすることで、地肌までしっかりと洗いやすくなります。

シャンプーは手にとって泡立てた後、数か所に分けてつけて、指の腹で地肌まで洗っていきます。洗い流す際には、シャンプーの成分が残らないようによくすすぐことがポイントです。

リンスをつける前には一度タオルドライをすると、成分が浸透しやすくなります。再びお湯で流した後、ポンポンと叩くようにタオルドライしましょう。

トリートメントでスペシャルケアを

トリートメントを髪の内部まで浸透させて、髪の表面を保護することで、髪の状態を改善することが期待できます。洗髪後のタオルドライした髪に、洗い流さないトリートメントをつけると、髪表面のダメージを修復するだけではなく、髪の内部まで成分を浸透させることが可能です。

髪を保護しなければスカスカの状態に戻ってしまいますので、週1回のスペシャルケアとして、ヘアパックを使うとよいでしょう。

髪は丁寧にヘアケアをすることで、なるべく傷まないように予防することが大切です。傷んでしまった髪もあきらめずに、トリートメントで艶やかな髪を保ちましょう。