治るの?枝毛・切れ毛の対処法

切っても切っても次々と出てくる枝毛や切れ毛。もしかして髪を作り出す栄養が足りていないのかもしれません。食生活からできる、枝毛・切れ毛の対処法をご紹介します。

枝毛と切れ毛、その原因とは?

枝毛、切れ毛ができてしまう原因はいろいろありますが、そのひとつが髪に必要な栄養が足りていないということです。髪が生えてくる段階で弱くなっているため、その後のダメージに耐えられず、枝毛や切れ毛になってしまうのです。

できてしまった枝毛、切れ毛は、もとに戻れないので、残念ながら切るしかありません。ただし、切った後、これから生えてくる髪を健康にすることで、新しくできる枝毛、切れ毛を防ぐことができます。どのような栄養が必要なのか、ご紹介します。

タンパク質をとりましょう

髪の毛を作っている主な成分はタンパク質です。髪の毛が作られるときにタンパク質が足りていないと、弱い髪になってしまいます。

タンパク質は肉や魚などに含まれますが、おすすめの食材は「卵」です。卵にはタンパク質がたくさん含まれるうえに、髪に必要なミネラルも含んでいる優秀な食材です。

また、大豆製品も髪のためによい食品です。タンパク質がとれるだけでなく、女性にうれしい大豆イソフラボンをとることができます。女性ホルモンの減少が薄毛を引き起こすこともあり、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンは、髪にもよい成分なのです。

髪に必要なミネラル「亜鉛」

タンパク質が髪の主成分であるケラチンに変換されるときに必要な成分が「亜鉛」です。亜鉛が不足すると、タンパク質を十分にとっていても、健康な髪が作られません。また、亜鉛には抜け毛対策にも重要といわれています。

亜鉛を豊富に含む食材としては、牡蠣が有名です。チーズやナッツ類にも多く含まれています。卵の場合は、卵白には含まれておらず、卵黄にのみ亜鉛が含まれています。肉類にも亜鉛は含まれていて、タンパク質と同時に亜鉛をとることができます。

もちろん海藻類も大切

昔から髪によいとされている、ワカメやひじきなどの海藻類。海藻だけをたくさんとっても髪は生えませんが、海藻類には髪の成長を促進する成分が入っているほか、ミネラルやビタミンが豊富に入っていることがポイントです。

ビタミンやミネラルをしっかりとることは髪だけではなくもちろん身体の健康にもよいことです。緑黄色野菜なども、ビタミンがたくさんとれるためおすすめです。

髪の傷みというと、トリートメントなど外側からのケアに意識がいってしまいがちですが、髪をつくるためには身体の健康が欠かせません。長い間枝毛や切れ毛に悩んでいる人は、一度食生活から見直してみましょう。