枝毛を裂くクセがやめられない!どうしたらいいの?

髪の毛の傷みを象徴する「枝毛」。これを見つけるとブルーになる人も多いはず。しかし、その反面「枝毛を見つけると裂くクセがやめられない」という人も。これはいったい、どうしたらよいのでしょうか?

枝毛は裂くと悪化する!

枝毛を裂くクセ、というのは、なかなか改善が難しいものです。

耳掃除などで大きな耳垢がとれたときの快感にも近く、ついつい手が伸びてしまうもの。するーっとキレイに裂けるのを見るのは快感だ、という人も多いのではないでしょうか。

しかし、この「枝毛を裂く」という行為、実はかなり危険なのです。というのも、枝毛というのは裂くととても悪化するからです。

1本の毛穴から出ている毛が2つに分かれ枝毛となりますが、この状態の髪の毛が増えると、ヘアスタイルがなかなか決まらなくなります。特に、先ほど挙げたように、「自分の手で割いてしまった枝毛」は髪の毛のフォルムを崩してしまう原因にもなります。

確かに1本2本だとそれほど目立ちませんが、それでも本数が多くなってくると、どうしても悪目立ちを始めるもの。

「枝毛がたくさんある」「髪の毛全体が傷んでいる」という人の場合は、元々の痛みと相まって、かなり悲惨なことになってしまいます。

枝毛は見つけたらどうすればいいの?

枝毛は、見つけた段階で切ってしまうのが一番良いとされています。トリートメントなどで補修していくのももちろん有効ですが、これはなかなか時間がかかるもの。

髪の毛全体が傷んでいて枝毛が大量にある、というのでなければ、枝毛になっている部分をはさみで切ってしまうのが最も手っ取り早く、そして最も効果的な方法です。

このとき使うはさみは、必ず切れ味の良いものを選びます。そうでなければ、切ったところがまた枝毛になってしまう可能性もあるからです。

「枝毛を見つけた、裂きたい」「枝毛を裂くのが快感になっている」という気持ちはなんとなく分かります。しかし、髪の毛全体のダメージやヘアスタイルのことを考えれば、これらの気持ちは押し殺すべきだと分かるはずです。

もし、それでも「どうしても抜きたい!」という気持ちにかられたのなら、いっそその髪の毛を一本だけ抜いてしまうのも一つの解決策です。

抜いてしまった髪の毛は、もう頭皮からは自由になりますし、後は捨てるだけ。その状態にしてから、思う存分裂いていく、というのも良いのではないでしょうか。