授乳中にパーマをしたいけど、母乳に影響って出るの?

母乳は母親の血液からできています。母乳での授乳は母体の影響を受けやすいという側面があります。そんな中で話題に上がるのがヘアスタイルです。「パーマをかけると乳児に影響がある?」。今回はそんな疑問に迫ります。

パーマをかけることは母乳には悪いこと?

育児で忙しいお母さんもたまには息抜きがしたくなるものです。そんなときに美容院で髪の毛をカットしたり、パーマをかけることができればとてもリフレッシュができるでしょう。

そこで気になるのが「パーマ液は母乳に影響があるか?」ということです。ちまたでは「経皮毒」という言葉が広く出回っており「パーマ液が頭皮に吸収されて母乳に含まれるかも」などと、なんとなく心配されているお母さんもいるでしょう。では、実際のところ授乳中のパーマは「悪」なのでしょうか。

気になる市販パーマ液の注意事項

美容院での施術のほかに、市販のパーマ液でもイメチェンはできます。そこで気になるのが「妊娠や生理中の人は使用を避けるように」という製品の注意書きです。このポイントは妊娠や生理中ではない授乳中のお母さんも気になるところでしょう。

しかし、注意書きの本来の意味は「妊娠時や生理中は皮ふが敏感になりやすいために、使うと薬剤で頭皮がかぶれたり赤くなる可能性がある」という点にあります。体調の変化がパーマ液と合わない場合もある、と考えるのが適切だと言えます。

授乳中でもパーマは問題なし?

そもそもパーマ液は「髪の毛」につけるもので、頭皮に塗布するものではありません。毛根周辺以外の毛髪は、爪と同じように肌の角層が変化した死んだ細胞が集まっています。したがって「死んだ細胞」にパーマ液をつけているため、頭皮への直接的な関係性はありません。

ただ毛髪に湿布する際に頭皮にもパーマ液が流れてしまうこともありますので、多少はついてしまいます。しかし、1回の施術で頭皮に流れてしまうパーマ液が、授乳中に何回あるか(何回パーマをかけるか)を考えると、母乳への影響はほぼ無いと判断するのが妥当でしょう。

深く考えすぎないで、自分を大切に

赤ちゃんによくないものは与えたくない・触らせたくないのが母親の心情です。しかし、あまり気にしすぎるのもストレスになりますから考えものです。

したがって、パーマをかける際に強いて注意することといえば、自宅以外での施術がよいという点です。赤ちゃんが薬品に触れたり気化した溶剤を吸い込む危険性のない美容院なら、お母さんも安心してイメチェンをすることができるでしょう。

授乳中でもヘアスタイルを変えることができるのは、女性には嬉しいポイントです。赤ちゃんへの影響は気にせず、気軽にリフレッシュができる美容院をうまく活用してみてはいかがでしょうか。