妊娠したら白髪が増えた!?原因と対策☆

なぜ妊娠すると白髪が増えるの?妊娠中に白髪ができる4つの原因と、手軽にできる3つの対策についてご紹介します。

妊娠中に白髪ができる4つの原因

妊娠中に白髪ができてしまうのは、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、栄養不足、正しくないヘアケアが主な原因です。妊娠中はつわりで食べられるものが減ったり、赤ちゃんに栄養が取られてしまったりして、気付かぬうちに栄養不足になりがちです。

また、妊娠によってホルモンのバランスが乱れたり、ストレスがたまりやすくなったりすることも珍しくありません。さらに、お腹が大きくなってくるとシャンプーなどのヘアケアに手を抜きたくなることも。結果として頭皮の状態が悪くなり、白髪につながることがあります。

対策1:栄養ドリンクなどで栄養を補う

妊婦でも利用できる栄養ドリンクやサプリメントなどを使って、不足している栄養を補うようにしましょう。必要な栄養素が補われると、それだけでつわりが軽くなることもあります。妊婦にとって安全かどうか迷ったら、主治医に相談したり、メーカーに問い合わせるとよいでしょう。

妊娠中毒が心配でたくさん食事をとれない…という場合も、赤ちゃんに栄養が取られて栄養不足になりがちです。ダイエットは妊婦向けの運動を取り入れ、食事では必要な栄養を取るようにしましょう。

対策2:帽子やウィッグで隠す

帽子やウィッグを使えば、白髪は簡単に隠せます。部分的に隠したいなら、トップ用のヘアピースがおすすめ。ファンシーショップや通販などで、気軽に購入ができます。

ただし、妊娠中のカラーリングはおすすめできません。胎児への影響よりも、妊娠中でデリケートになっている母体への影響が心配されるためです。

薬剤で頭皮がかぶれたり、ずっと同じ姿勢でいるために疲れてしまったり、頭皮が濡れて冷えてしまったり…などが主な懸念事項となります。

対策3:洗い流せる白髪隠し

帽子やウィッグに頼りたくない。そんな人は、洗い流せる白髪隠しを活用してはいかがでしょうか。最近は安全性の高いオーガニック商品も増えてきました。ファンデーションタイプやコンシーラータイプ、マスカラタイプなど使いやすいタイプを選びましょう。

妊娠中や出産後に白髪が増えるのは、珍しいことではありません。白髪を気にしすぎるあまりストレスがたまってしまい、さらなる白髪の原因を作ってしまう…なんて悪循環になることも。一時的なものなので、帽子やウィッグなど自分が楽シミやすいものを活用して白髪を隠し、あまり気にしないようにしましょう。