【妊娠・出産】どの髪型が楽?メリット・デメリット ~セミロング~

妊娠して出産、そして育児とめまぐるしく変化する日々の中で、どのようなヘアスタイルにすれば便利でオシャレなのでしょうか。今回はセミロングのメリット、デメリットについてまとめてみました。

ショートにする勇気がないならセミロング

妊娠中はお腹が大きくなり、前かがみでのシャンプーがつらい、と実感する人が多いようです。シャンプーやドライヤーの時間を短縮したければ、髪の毛の長さは短いに越したことはありません。

けれどショートカットにする勇気がない、というならセミロングがちょうどよいでしょう。セミロングにしてカラーやパーマでニュアンスを付けたい人も多いでしょうが、妊娠中は薬剤の影響を心配する人もいます。

安定期に入ればさほど心配しなくても大丈夫ですが、美容院で長時間同じ姿勢で座っているのは大変です。無理のない方法でスタイルキープにつとめてください。

産後の抜け毛が増える時期にセミロングはどうか

妊娠中に考えておきたいのは、出産後の髪の状態とライフスタイルの変化です。まず産後は女性ホルモンが減少する影響で抜け毛が急激に増えます。

髪の毛自体が痩せたと感じる人も多いので、全体のボリュームダウンは否めません。ボリュームのないセミロングは、残念ながら老けた印象になりやすいのがデメリット。

もともと毛髪量が少なめだった人は、産後抜けでさらにボリュームダウンしてしまうのが悩ましいところ。産後の抜け毛は生理的な現象なので仕方ありませんが、女性用の育毛剤を使うなど自分でできる対策も考えてみましょう。

アレンジの幅が広いセミロングは産後も便利

出産後は赤ちゃんのお世話で多忙な日々を送ることになります。美容院に行きたくても行けない状況がしばらく続くことが予想されるので、出産までに髪の毛を切ったりパーマをかけたりしておきましょう。

セミロングは、ショートとロングの中間ぐらいの長さでアレンジがしやすい髪型です。ただし肩に髪が付くとはねやすいのが難点。

また、髪にくせのある人は広がったりうねったりしてダウンスタイルが難しい傾向にあります。妊娠中でもパーマが可能かどうか美容師さんと相談し、可能ならパーマをかけておくと産後のスタイリングが楽になるはずです。

赤ちゃんのお世話をするときはまとめ髪にして

産後、セミロングにする最大のメリットは、まとめ髪にできるということ。子育て中はおむつ替えや沐浴など下を向く動作が増えます。そのとき自分の顔や赤ちゃんに髪の毛がかからないよう、シュシュなどでまとめてしまうと便利です。

ちょっとイメージチェンジをしたいときはハーフアップにしてもステキ。産後、落ち着いたら髪をもう少し伸ばしたい、という人にもセミロングはちょうどよい長さです。どれぐらいの長さが自分に一番似合うのか、美容師さんと相談しながら見つけてみてください。