やっぱり避けるべき?妊娠中の縮毛矯正

妊娠中に縮毛矯正やパーマをかけることは、赤ちゃんによくないのでしょうか。妊娠中の縮毛矯正についてまとめています。

薬液による影響はない

妊娠中に縮毛矯正などのパーマやカラーリングを受けることで、薬剤による胎児への影響はないとされています。しかし、妊娠中はホルモンバランスの変化から過敏になっており、薬液のにおいによって気分が悪くなることも考えられます。

これまで、薬液でかぶれなかった人も頭皮が敏感になっていることがあり、抜け毛が多い人は頭皮が弱っていることが多いことから、施術を断られるケースがみられます。縮毛矯正の施術を受ける場合には、体調がよい日を選ぶようにしましょう。

縮毛矯正は妊娠中期がおすすめ

つわりが起こることの多い妊娠初期は、縮毛矯正の薬液のにおいで気分が悪くなってしまいがちです。妊娠後期はお腹が大きくなっていることから、同じ姿勢で長時間いることは身体の負担が大きいでしょう。

縮毛矯正掛かる時間は3時間ほどと、通常のパーマよりも時間を要します。また、シャンプー台での姿勢がつらいという声もよく聞かれます。妊娠中に縮毛矯正の施術を受けるのであれば、体調の安定する妊娠中期とするとよいでしょう。

施術を受けるときに気をつけることとは

妊娠中に縮毛矯正を受ける場合には、美容師さんに妊娠していることを伝えておきましょう。そして、なるべく頭皮に薬液がつかないように施術してもらいます。

妊娠中は同じ姿勢をとっているとむくみやすいですので、時々姿勢を変えるようにします。シャンプーの際に体勢が苦しい場合には、バスタオルをシャンプー台と身体の間に挟むと改善することもありますので、工夫してみましょう。妊娠中はトイレも近くなります。我慢せずに途中で行くようにしましょう。

ヘアスタイルを工夫しよう

産後はホルモンバランスが乱れることから、縮毛矯正の薬液に頭皮かぶれやすくなります。頭皮のトラブルを避けるため、個人差もありますが、産後3~6か月ほどまでは施術を受けるのは避けるようにした方が賢明です。

また、生後3か月ほどまでの赤ちゃんは授乳間隔があきにくいことから、長い時間家族に見てもらって離れることも難しいです。

縮毛矯正ができない期間は、髪をまとめるなどのアレンジ方法を美容師さんに聞いてみるか雑誌などで研究し、できるおしゃれを楽シミましょう。