抜け毛だけじゃない 産後のヘアトラブル!頭皮のべたつきは〇〇で解消

出産後は女性ホルモンのバランスを崩しがちです。例えば毛髪が抜けたりといった頭皮のトラブルも、女性ホルモンが引き起こす原因の一つです。ここでは、頭皮がベタつくトラブルの解消法をご紹介します。

産後の髪質は女性ホルモンのバランスで変わるという事実

赤ちゃんを産むと、突然髪の毛が抜けやすくなったり、髪の質感が変わった…という経験はありませんか?それは出産後に女性ホルモンの分泌が急激に減るために、髪質が変化したり、妊娠中に伸びた毛髪が抜けてしまうことが原因です。

ただ、これらの状態は出産が引き起こす一時的なものです。ホルモンバランスのサイクルが元に戻れば、毛髪量も髪質も回復していきます。

とはいえ、出産・育児と目の回る忙しさで自分の髪をお手入れすることまで手が回らないことも多いでしょう。すると、髪の毛も傷んだままになってしまいます。

頭皮のベタつき解消はシャンプーと髪質の相性にあり!

髪質が変わると、妊娠前まで使っていたヘアケアが合わない可能性があります。頭皮に合わないシャンプーやコンディショナーはフケやベタつきの原因になっていることがありますので、アイテムの見直しをおすすめします。できれば低刺激なアミノ酸系の、あるほど度洗浄力があるものをチョイスしましょう。

また、育児で忙しいからといってヘアドライをおろそかにするのもNGです。濡れた髪はクーティクルがはがれやすく、そのままで寝ると傷みやにおいの原因になりますのでしっかり乾かしましょう。

食生活でベタつきを抑えよう

育児に忙しく、自分の食事がままならない…というケースもあるでしょう。だからといっててっとり早くでき合いの油ものや糖分が多いものばかりを食べることは、赤ちゃんにも自分自身にもよくありません。

乱れた食生活は頭皮のベタつきにも影響を及ぼすため、できれば油ものや糖分の多いものは控えるようにしましょう。

上記に加えて、海藻類からビタミンやミネラルを、大豆製品から良質の植物性タンパク質を摂取することで美しい髪の毛を取り戻すきっかけにもなります。

ストレスにも要注意

頭皮のベタつきはストレスや運動不足による血行不良とも関係しています。血行が悪くなると頭皮に十分な栄養を与えることができなくなります。

栄養が不足した頭皮は免疫力が低下し、ベタつきの原因になるわけです。育児ではストレスがたまりがちですが、周囲の協力や公共のサポートをうまく利用しながら、ストレスをためにくい暮らしを送ることも大切です。

出産によって自分のヘアスタイルに自信がもてなくなることは、予想以上にショックなことです。1日でも早く、妊娠前の美しい髪の毛を取り戻せるよう、身近なところから変えていってみてはいかがでしょうか。