出産後すぐのカラーリングはNG!その理由とは

出産という大仕事を終えたママの体はデリケート。普段はなにも問題のないカラーリングでトラブルが起きることもあります。トラブルが起きる理由と、カラーリング可能な時期についてご紹介していきます。

出産後の体はとてもデリケート

出産はおめでたいことですが、同じくらい母体にとって負担のかかることです。出産後は体を回復させるために、体のあちこちがデリケートになる時期。

人によっては産褥熱やむくみ、便秘など、体の不調が起こることもあります。そんなデリケートな時期にカラーリングをするのは、あまりおすすめできません。

抜け毛が増えたり、カラーリングの薬剤で頭皮がかぶれたり、腫れたりするというトラブルが起きる可能性が高いためです。ただし、人によっては全く問題なくカラーリングできたという人もいますので、絶対トラブルが起きるというわけではありません。

抜け毛など、髪や頭皮の状態を目安に

いつになったらカラーリングできるのか?は人によって異なります。美容院によっては、産後の抜け毛が多い時期はカラーリングを断るところも。抜け毛の量が産前と同じくらいになった、新しい毛が増えてきた、髪のツヤが元に戻ってきた、体調・体力が回復した、などが目安です。

逆に抜け毛が多いときや、体や髪の状態が悪いときにカラーリングすると、頭皮や髪に悪影響が出かねません。心配な場合は、美容院などで髪や頭皮の状態をチェックしてもらいましょう。

どうしてもカラーをしたい!そんな時は?

仕事などで、どうしてもカラーリングをして髪をキレイにしたい。そんな時は美容院へ行きましょう。その際は、ヘナや低刺激な薬剤を使ったカラーリングを行っている美容院がおすすめです。産後であることを説明し、マイルドな薬剤を選んでもらいましょう。

ヘナでのカラーリングを希望する場合は、高品質なヘナを取り扱っている美容院を選ぶことが重要。低品質なヘナは混ぜ物がしてあるなど、かえって頭皮への刺激が強くなってしまうこともあるためです。

カラーリングによる母乳への影響は?

カラーリングの薬剤が頭皮につかないようにすれば、心配しなくてもよいでしょう。心配な場合は、PPD(パラフェニレンジアミン)が入っていないカラーリングを美容院で依頼するのがおすすめです。

市販の白髪染めは、ほぼ必ずと言ってよいほどPPD(パラフェニレンジアミン)が含まれているので、おすすめできません。

母体や赤ちゃんへの影響を考えるなら、頭皮や体調が安定するまでカラーリングは控えたほうがよいでしょう。ですが、リフレッシュして心身ともに元気でいることもママの大切な仕事。カラーリングをするなら、できるだけ低刺激な薬剤を選ぶようにしましょう。