産後の抜け毛対策☆気になりだしたら前髪を作ろう♪

産後は毛髪のボリュームダウンが気になる人が多くなりがちです。それは一時的に女性ホルモンの分泌量が減り、髪の毛が抜けやすくなっているためです。そんな時はヘアスタイルを変えてみるのが得策です。

抜け毛が増える「出産」

出産を終えて育児を始めると抜け毛が多いことに気づく方もいるのではないでしょうか。それは、女性ホルモンの分泌が多いために抑えられていた妊娠中の抜け毛が、出産後ホルモンの分泌が減少することにより、一気に毛髪が失われるためです。

加えて、母乳育児では母体の栄養が赤ちゃんに送られるため、母体が栄養不足になり、頭皮まで栄養が届きにくくなり髪の毛も抜けやすくなります。これらが毛髪のボリュームダウンを招く原因の一つとなっているのです。

抜け毛は一時的なもの。ボリュームが回復するまでの期間は?

女性ホルモンの減少は一時的のため、分泌量が回復すれば抜け毛も自然と収まります。それでは、どのほど度で回復するのでしょうか。それは個人差にもよりますが、おおむね出産から6~1年ほど度で、授乳が終わるころには回復していることが多いようです。

しかし、高齢出産の場合や産後のストレスが重いケースでは、回復に時間がかかり、場合によっては妊娠前のボリュームに戻ることが難しいこともあります。いずれにせよホルモンのバランスによるものですので、自然に回復するのを待つことが肝要です。

ボリュームダウンしている時は前髪をつくろう

産後の抜け毛は、頭髪が頭頂部の中心部分のみ薄くなるといった、男性的な抜け毛とは異なります。女性の場合は全体的に頭皮が薄く透けて見える、などの頭髪全てが平均的に薄くなるケースが多く見受けられます。

したがって、ボリュームが全体的に少ない場合は厚めの前髪を作り、ボリュームがあるように見せかける方法が有効です。前髪が薄いととたんに貧相に見えてしまいますので、頭頂部の毛髪からしっかりと持ってきて分厚い前髪を作りましょう。

ウィッグも活用しよう

どうしての前髪が作れない場合は、ウィッグを利用するのも有効な手段です。パッチンとクリップで止めるものやカチューシャでしっかりホールドするものもあり、てっとり早くボリューミーな前髪が作れます。最近では前髪だけのウィッグもありますので、ご自身の髪のボリュームに合わせて用意するとよいでしょう。

出産で髪の毛が抜けて気分も暗くなってしまった…。そんなときは、抜け毛は一時的で自然と回復すること、ウィッグやヘアスタイルで抜け毛がカバーできることを覚えておくとよいでしょう。