妊婦でも髪は女性の命!妊娠中の抜け毛を予防しよう!

妊娠中や産後の悩みで多いのが、体重・体型の変化と抜け毛の二つといわれています。髪は女性の命と言われるほど大切なものですよね。抜け毛を引き起こす原因をしっかり知っておき、正しい予防法を学んでおきましょう。いつでも女性らしくありたい人のために、抜け毛の悩みを解決します。

なぜ抜け毛が多くなるのか、その原因を知っておきましょう

妊娠数ヶ月から産後まで、抜け毛の多さに悩む人が多いと言われています。少し触れるだけで抜けてしまったり、いちどシャワーを浴びただけで排水口にごそっとたまってしまったり、髪をブラシでとかすたびにたくさん抜けたり。予備知識がないと、そのショッキングな光景に驚く人も少なくありません。

しかし、そのメカニズムをきちんと知っていれば悲観しなくても大丈夫です。妊娠によるホルモンバランスの変化や、体内の栄養が赤ちゃんにいってしまい、髪が弱くなるのが原因と言われています。抜け毛の多さとして実感しなくても、ハリやツヤが失われてきたように感じるのもそのためです。

中には髪の毛だけでなく、眉毛やまつ毛まで抜けてしまう人もいるようです。また、女の子だと女性ホルモンが減るため抜け毛が多くなり、男の子だと男性ホルモンが減るため眉毛やまつ毛が薄くなるとも言われています。髪は女性の命とまで言われるので、外見の印象が変わったり、自分に自信がなくなったりと、少なからず良くない影響を与えてしまうかもしれません。

とはいえこれらの原因は、産後ある程度の時間を経てば自然と治っていくものがほとんどとされています。数ヶ月のうちは一時的なものと深刻に受け止めず、上手にケアしながら乗り切っていけるでしょう。

予防や対策は、きちんとした生活習慣を整えること

上記のとおり、妊娠中の抜け毛は赤ちゃんに栄養がいってしまうのが原因です。つまり、失われるだけしっかりと補給すれば改善が見込めます。

何よりも大切なのは、やはりバランスのいい食生活。味の好みが変化したり、つわりなどの影響で特定の食品ばかりを食べたりしてしまいがちなので、できるだけ気を付けましょう。基本はやはり1日3食、野菜を中心としたメニューを食べること。髪の毛に良いとされるビタミンB、ミネラルを多く含む海藻、女性ホルモンと似た効果をもつ大豆などが効果的です。

また、睡眠時間の確保も大きな課題。妊娠中から赤ちゃんが小さい頃まで、なかなか安心して寝られないのは仕方のないことです。赤ちゃんが寝る時は一緒に寝たり、ご主人や親のサポートを得たりしながらしっかりと睡眠を取りましょう。

育児と平行して仕事や家事をする人が多いので、何かとストレスもたまりがちですよね。音楽、読書、DVD鑑賞、ヨガやウォーキングといった趣味やストレス解消法を見つけられるとベターです。たまには子どもを家族に任せて、友達とおしゃべりするのも効果的。常にママとしての自分に対するプレッシャーから解放されるひとときをつくりましょう。

また、シャンプーは育毛効果のあるものや、無添加のものがおすすめです。