やっても大丈夫?妊娠中のカラーリング

妊婦中の方が髪を染めるのはやめたほうがいいということを聞いたことはありませんか?カラーリングをすると、頭皮の毛孔から薬剤が浸透して血流中に流れ込み、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えてしまうのでは…?と考えてしまう方が多いようです。

ですが、医学的にもそのようなことはないとされているのでご安心ください。ただ、いくつか気をつけなければいけないポイントがあります。

妊娠中への影響をもっと少なくしたい方は…

1.市販のカラーリング剤の使用は控える

医薬部外品であるヘアカラーリング剤には、注意事項に「妊娠中や生理の時は、ヘアカラーのご使用を避けてください」と記されています。これは先ほども解説した妊娠中は肌が刺激を受けやすい時期という事を念頭においてください。

また、市販されているカラーリング剤は一般の美容室で提供しているカラーリング剤よりもはるかに刺激が強いものがほとんどです。サロンと違い、刺激の種類を選ぶことはできません。カラーリング剤は薬剤ですので、少しでもリスクのあるこの時期は、特に市販の物は控える方がいいとされています。

2.美容師に妊娠していることを必ず伝えてください。

美容師に伝えることで、カラーリング剤が地肌につかないように塗布したり、身体の負担にならないように、少しでもカラーリング時間を短くしようと考慮してくれします。

3.それでも不安という方には

前述にもありましたが、刺激物やアレルギー反応が起こりうる物質を含まない「ヘアマニキュア」や「ヘナカラー」がおすすめ。これらのは、半永久染毛剤といって、髪の表面(キューティクル付近)だけをカラーリングします。色落ちは少し早めですが、肌への刺激がほとんどありません。

また、マニキュアは髪にハリ・ツヤが出ますし、ヘナカラーはトリートメント効果も期待できます。