赤ちゃんの頭皮を乾燥から守る方法

ほとんどの赤ちゃんが、頭皮が乾燥していると言いますが、乾燥し過ぎると、かゆみが出て、不快感があります。適切にケアしないと、ヒリヒリするようになります。病気による乾燥の場合も希にはあるので、要注意です。

赤ちゃんを不快にしない乾燥した頭皮のケアの三つのステップ

赤ちゃんの皮脂腺は、出産の時に、刺激を受け過ぎてバランスを崩し、その結果、頭皮が乾燥することがときどきあります。バリア機能の弱い赤ちゃんが毎日のようにシャンプーしても、乾燥することがよくあります。また、頭皮の乾燥は、菌類や酵母への感染によって、引き起こされることもあります。

頭皮が乾燥してうろこのような部分ができる(全体の場合もある)脂漏性湿疹は、不衛生やアレルギーによるものではなく、赤ちゃんに自然な状態だと捉えられており、通常、優しくケアすれば自然に治ります。脂漏性湿疹が重症の場合は、病院へ行ってください。

脂漏性湿疹は、通常、第2週から3ヶ月目までに現れ、7ヶ月目までにはきれいに治ると言います。

乾燥した頭皮というのは、乾いてカサカサし、固くなっている頭皮や、部分的に油っぽくなっている頭皮を言います。

では、乾燥した頭皮のケアの仕方をご紹介しましょう。

1. 少量のオリーブ・オイルを指にとって、赤ちゃんの頭皮を優しくマッサージします。

やっと紙が動く程度の力を入れて、小さな円を描くように指を動かします。オイルを頭皮に付けたまま、15分間放置します。オイルは、頭皮を潤すだけでなく、硬くなった乾燥した頭皮を浮かせて、次のステップで取り除きやすくします。

2. 柔らかなブラシを赤ちゃんの頭皮に当てて、小さな円を描くように動かします。

過剰に乾燥した皮膚やフケを緩めて、洗い流しやすくするのです。

3.  低刺激のベビー・シャンプーで洗います。

この時、シャンプー剤をつけたまま2、3分置いてから洗うと、髪についたオイルが落ちやすくなります。シャンプー剤は、完全に洗い流してください。シャンプー剤が髪の毛に残ると、更なる乾燥やフケの原因になります。

頭皮にオリーブ・オイルが残ったまま、日に当たると、頭皮が一層日焼けするので、気をつけましょう。海辺で、オイルを塗って焼きましたね。日焼けすると頭皮の乾燥を引き起こすので、帽子を被らせるか、日傘をさしてあげてください。頭皮の保湿には、ベビー・ローションがいいでしょう。

乾燥が病気の症状の場合もあるので、要注意!

頭皮が乾燥した時、適切にケアしないと、かゆくなり、ヒリヒリするのは普通なのですが、たまに、皮膚炎や乾癬の場合もあるので、一度お医者さんに診てもらっておいた方が安心かもしれません。