赤ちゃんの頭皮にできるあせも。その原因と予防

うっとうしい梅雨が明けたと思うと、赤ちゃんを持つお母さんは、うんざりするあせもの季節がやってきます。あせもは大人でも子供でもできることはありますが、赤ちゃんはごく普通にあせもができるんです。原因は、過熱です。大人より赤ちゃんの頭皮にあせもができやすい原因は元々の体温が高い事と、毛穴の数と発汗量にあります。大人と赤ちゃんの頭皮の毛穴量に大きな差はないのですが、頭皮面積が狭いので毛穴が密集していて汗をかきやすいのです。赤いブツブツは、体を冷やそうとして出てくる汗が、毛穴が詰まっていると、体に溜まってできるのです。

デリケートで敏感な赤ちゃんの頭皮のあせも予防は、ひたすら涼しく、清潔に。

赤ちゃんは、手穴や汗管が小さく、未熟なので、あせもができるのが普通なのです。赤ちゃんの毛穴や汗管に裂傷ができて詰まり、汗を皮下に捉えて、あせもとなります。暑い夏はもちろんのこと、冬に厚着をして汗をかいてもあせもはできます。

熱を出して汗をかいても、あせもはできます。赤ちゃんがびっしりと髪の毛が生えていたり、帽子を被っていたりすると、汗で蒸れて、あせもが頭皮全体に広がることもあります。

あせもはかゆいだけで、重篤な病気というのではありませんが、赤ちゃんが暑がっているという印です。過熱は、熱中症を引き起こす可能性があります。病変している部分に赤みがなく、汗をかいていない場合は、熱中症を疑いましょう。

また、赤ちゃんの睡眠中の過熱は、SIDS(乳幼児突然死症候群)を引き起こす可能性があるという研究結果もあります。

あせもに似た症状で、カビが原因のカンジダや感染症のトビヒなどがあるので、赤ちゃんの赤いブツブツがあせもかどうか確かめるために、一度病院へ行くというのがいいでしょう。あせもが2、3日で引かずに、悪化しているように見える、あるいは、熱がある場合は、必ず病院へ行くようにしてください。

あせもができたら、まず、赤ちゃんを冷やしてあげてください。綿のタオルで汗を拭いたら、濡らした冷たいタオルをあせもが出来ている部分に当てます。あせもに軟膏やクリームを塗ると、保湿効果であせもが悪化する可能性があります。

薬を使いたいときは、医師か薬剤師に相談した方がいいでしょう。市販薬を使うときは、しばらく使って様子を見ることも大切です。

夜に暑ければ、赤ちゃんが寝る部屋のエアコンや扇風機をつけましょう。扇風機は、直接赤ちゃんに当てるのではなく、間接的に、または、遠くから風が来るようにします。寝ている間に、冷え込んでしまうと大変ですから。

赤ちゃんがあせもをかき壊さないように、爪を切ってあげてください。寝ている間に引っ掻いてしまうのを避けたいならば、手袋をはめさせてはどうでしょう。かゆいとどうしても手が行きがちなので、赤ちゃんの手を清潔に保つこともお忘れなく。

あせもがかゆくて落ち着かない、眠れないなんてことになる前に、なんとかできないようにしたいものです。まず、赤ちゃんをいつも、涼しく快適に保ちます。汗ばんだら髪の毛を洗い、必要でないときは、帽子は被らないようにします。

帽子は、合成繊維のものではなく、汗を吸収する綿など天然繊維のものがいいでしょう。日差しを避けるために帽子を被るときは、ときどき帽子をとって汗を拭いてあげましょう。また、保冷剤をタオルでくるんだもので首周りを冷やしてあげると、汗が引きます。

あせもができるのが普通の赤ちゃん。あせもを予防するには、ひたすら涼しく清潔にキープするしかないようです。

ベビー・パウダーは、あせもの「前に」使う!

あせもというと、粉をはたくというイメージがありますが、実は、あせもができた後でベビー・パウダーを使うと、汗を吸い取って固まり、毛穴や汗管を塞いでしまうことがあるのです。これでは、あせもが悪化してしまいます。ベビー・パウダーは、あせもになる前に、予防として使うようにしましょう。