子供の頭が臭い!大人以上に、臭い対策が必要

アンモニア臭、雑巾のような臭い、蚊取り線香の臭いなど子供の頭の臭いが、お母さんたちを悩ませているようです。基本的には大人の頭の臭いと同じなのですが、子供は代謝が高く頭皮の皮脂の分泌量が多いために、より臭くなりがちなのです。

ちょっとした対策で、さわやかな頭に!

それでは、さまざまな頭の臭いの原因について、見ていきましょう。

1.枝毛・切れ毛による頭髪の臭い

蚊取り線香の臭いと書きましたが、これはもちろん皮脂とは関係ありません。頭皮の臭いには頭皮の臭いと頭髪の臭いがあって、蚊取り線香の臭いは髪の臭いです。

普通はシャンプーで取れるはずですが、枝毛や切れ毛でキューティクルが傷ついていると臭い分子が強固に付着して臭いが強くなり、また持続します。洗髪のし過ぎ、ドライヤーの熱による傷み、界面活性剤の強過ぎるシャンプーなどに気をつけてあげましょう。

ドライヤーで乾かす時、最後に冷風をかけるとキューティクルが引き締まって傷みにくくなり、ツヤも出ます。

2.洗い過ぎ

子供の頭が臭いと、ついシャンプーをさせたくなりますが、洗い過ぎると垢や汚れと共に皮膚の正常な常在菌まで洗い流してしまいます。常在菌がなくなると黄色ブドウ球菌のようなより強い雑菌が繁殖しやすくなり、強力に臭うようになります。

子供が汗をかいたり特に汚れたりしてしまってどうしてもシャンプーしたいという場合でも、シャンプー剤を使わないようにしましょう。

まず、ぬるま湯で垢やホコリを落とし(十分落ちます)、塩水ですすぎ(タンパク質を溶かす)、次に熱めのお湯で洗ってタンパク質を落とすというシャンプーの仕方を2回に1回取り入れることを推奨しているドクターもいます。

3.シャンプーの仕方

シャンプーをしても臭い、シャンプーを変えてもダメという声もあるようですが、子供にシャンプーを任せてしまっていませんか。それですと、隅々まで洗えていないということが多いそうです。

皮脂膜が古くなると雑菌の温床になり、臭いが強くなります。古い皮脂膜を上手に取り除くために、爪は立てずに頭皮をそっと(ゴシゴシではなく)マッサージするように指の腹で洗います。シャンプーの仕方をきちんと教えてあげましょう。

シャンプー剤についてはオリーブ石鹸がいいとか、毛穴の奥の汚れを浮かせて血行を促進する炭酸シャンプーがいいとかいう声もありますが、薬局で相談してみてはどうでしょうか。

4.フケ

フケは剥げ落ちた角質と皮脂の分解酸化物が混じりあったもので、皮脂の分泌がさかんになると、臭いが強くなります。ジンクピリチオン、ヒノキチオール、サリチル酸などを含んだシャンプーが、フケに効果があると言われています。

臭いの元になる「油」にも気をつけて!

脂質の多過ぎる食事も皮脂の分泌が増えて、臭いの原因になります。

皮脂腺の働きを活発にするバターやラードなど「動物性の脂肪酸」や、体内で酸化して臭いの元を作るべに花油などは避けて、酸化しにくいオリーブ油や体内でEPAやDHCに転換するごま油を取りましょう。体臭消去作用のある、酢も摂りたいものです。

たっぷりの野菜に、オリーブ油と酢のドレッシングをかけて食べさせてあげてはどうでしょう。