子供の前髪はこう切ろう!手軽にできるワンポイントアドバイス!

今では子供専門の美容室も珍しくないですが、それなりのコストが必要となることも多くあります。自宅で親自らがカットしてあげるのもひとつの方法です。美容師じゃなくても上手に仕上げられるちょっとしたコツに気を付けてみましょう。

子供の前髪カットに必要な準備

美容室ではなく自宅でカットをすることに決めた場合、いくつか用意するものや準備しておくことがあります。どれも高額のものでなくても十分なので、身近なところで購入しておくと良いでしょう。

はさみ

何よりもまず、はさみがないと話にならないですよね。しかし単純にはさみを買えばいいということではありません。きちんとヘアカット用のはさみを買いましょう。それもできれば通常の散髪用と、すきバサミの二つ。また、ハンドル部分に指を引っ掛けられるものがあると固定できるのでカットしやすくなります。

ケープ

首にかけて、髪が服や体に落ちるのを防ぐためのアイテムです。中には返しやポケットが付いていて、落ちた髪を集める設計のものもあります。100円ショップなどで買うこともできますが、大きめの布やゴミ袋で代用してもOK。

コーム

いわゆるクシです。慣れない人にありがちな失敗が、髪の長さがバラバラになってしまうこと。指で髪をつかみ、コームから飛び出した部分を切ればある程度はそろえられます。自然にバランスの取れた長さのスタイルが決まるでしょう。

その他

髪をまとめられるピン、床に敷いておくと後片付けがラクにできる新聞紙、髪の毛を吸い取る小型の掃除機、もちろん全体をチェックできる大きい鏡もそろえておくのがおすすめです。

どれも簡単に入手できるので、揃えておきましょう。

カットをする時に気を付けること

ひと通り準備ができたら早速カット開始です。場所はお風呂場がおすすめ。切った髪をまとめて後片付けしやすいことや、子供の気が散るものが少ないのでラクにカットできます。

実際にカットをする手順を紹介しましょう。美容院では髪を切る前に水で濡らすことがありますよね。それは髪の毛に付いたクセを戻したり、柔らかくしたりする意味があります。また髪がまとまるのでバラバラになりにくく、カットしやすくなるというのもポイント。

しかし髪は水分を含むと若干長くなり、仕上がりのイメージとちがってきてしまう可能性も考えられます。前髪ぐらいなら濡らさなくても問題ありません。

さて、前髪を切る前にサイドの髪をピンでまとめておきましょう。髪の生え方は思ったよりも複雑なので、切った所とは別の髪の長さまで変わって戸惑ってしまった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。それを防ぐために、切ろうとする髪以外をよけておくのです。

前髪以外の両サイドとトップ部分をまとめておくとラクにカットできます。

切りたい部分を指やコームで挟み、髪の長さをチェックしましょう。そしてそろっていない部分に縦方向に切っていきます。あまり大胆にはさみを入れると、長さがバラバラになりがちなので、少しずつ切っていく方が無難です。

(ぱっつんにしたい人は、むしろ一気に水平方向で切るのがOK)

あとはピンで留めていた髪を下ろし、全体の微調整をしていきます。前髪は顔の印象や子供のキャラクターに関わってくるので敏感になる人も多いですが、どんな仕上がりにしても子供の個性は失われません。時間が経てばまた髪は生えてきますし、写真などを撮っておけば笑える思い出にもなるでしょう。

自宅カットで楽しく満足のいくヘアスタイルをつくってみてください。