あなたはどんな髪になりたい?なりたい髪質別改善方法

髪質改善と一口に言っても、様々な意味があります。 生まれつきの癖毛を真っ直ぐにしたいとか、パーマやカラーでいたんだ髪を修復したいとか、堅くて太い髪をしなやかにしたいとか。 一人ひとり、髪の悩みが違うように、髪質改善も人によって意味が違ってくるのです。 では、髪質改善にはどのような方法があるのでしょうか。

憧れのストレートには縮毛矯正

癖毛で悩んでいる人は、意外と多くいます。 平安時代は真っ直ぐなストレートの髪が美女の条件だったそうですが、それだけストレートヘアの人が少なかったとも言えます。

癖毛を改善するのなら、ストレートパーマや縮毛矯正があります。 後天的に伸びている髪をストレートにするので、新しく生えてきた髪の毛は元の癖毛のまま。 ですから、髪が伸びるごとにパーマをかける、または縮毛矯正をする必要があります。

ツヤツヤのしなやかな髪にはヘアエステ

パーマやカラーのかけ過ぎで、傷んでパサパサになってしまった髪にはヘアエステがおすすめです。 伸びてしまった髪は、傷んだ部分を自分で修復することはできません。 そこで、ヘアエステで傷んだ髪に栄養を補給して、少しでも健康な状態に戻すのです。

専門の美容師がカウンセリング、頭皮のクレンジング、栄養補給のためのトリートメントなどを行います。 髪のキューティクルを開いてからトリートメントによって栄養を送り込むので、セルフケアでは実現できない艶とハリが取り戻せます。

頭皮からの改善ならヘッドスパ

ヘッドスバは傷んだ頭皮を健康にして、これから生える髪を改善する方法です。 炭酸水やアロマオイルを使って、毛穴の奥から頭皮の汚れを取り除き血行を促進します。 頭皮の状態を改善することで、毛母細胞に栄養を行き渡らせて傷みに強い美しい髪が生えるようにします。

食事と睡眠で髪質改善

自宅でできる髪質改善方法は、生活習慣の見直しです。 体の中から体調を整えれば、髪にも良い影響を与えます。 規則正しい生活と十分な睡眠時間、バランスのとれた食事で、髪だけでなく体も健康に作り替えていきます。

お肉や魚などのタンパク質、野菜やフルーツなどのビタミン類、豆や豆製品、海藻類のミネラルなどを欠かさないように食事に取り入れましょう。 すぐには効果を実感することはできませんが、ある日ふとキレイな髪になっていることに気がつくでしょう。

基本のヘアケアを忘れずに

どの方法をとっても、忘れてはいけないのは基本的なヘアケアです。 正しいシャンプーの方法、ブラッシング、トリートメント、髪と頭皮の保湿など、毎日忘れずに実行しなければいけません。 基本のヘアケアと髪質改善の相乗効果で、より一層髪が美しくなります。