オイル?クリーム?髪の乾燥にはどちらを選べばいいの?

髪の乾燥を防いで艶を与え髪型を整える目的で使われるヘアオイルとヘアクリーム。手軽に使えて便利ですが、髪の乾燥に向いているのはオイルとクリーム、どちらなのでしょうか?

ヘアオイルとヘアクリームの違い

洗い流さないトリートメントと言われるヘアオイルとヘアクリーム。どちらも、保湿性や保水性が高く、髪の傷みを修復してパサつきを抑え、髪を整えてダメージから守ってくれるアイテムです。

ヘアオイルはその名の通り、主成分がオイルでできています。オイルの成分は植物油、鉱物油の他に、シリコーンのものがあります。オイルを使った仕上がりは艶があってしなやかです。

一方、ヘアクリームは油分と水分が界面活性剤で乳化されたもの。さまざまな栄養分が含まれているものもあり、オイルより軽めでさらっとした髪に仕上がります。

仕上がりが違うオイルとクリーム、乾燥など髪の悩みによって向いているものが違ってきます。

ヘアオイルが向いている人

ヘアオイルが向いているのは、髪が広がりやすくパサつきやすい人やくせ毛の人。髪に艶を与え、保湿してなめらかな手触りに整えてくれます。

また、オイルには紫外線防止効果や熱に強い性質があるので、紫外線を浴びる機会が多くダメージが気になる人やドライヤーの熱で髪がパサつきがちな人にもおすすめです。

オイルを使う時は一度にたくさんつけるのはNG。ベタつきのもとになってしまいます。シャンプーやリンスの後タオルドライをしてから、少量ずつ髪の内側から毛先を中心に揉み込みます。その後ドライヤーで髪を乾かしましょう。

乾燥させてから使用する時は、さらに少量ずつ使うように気をつけてください。

ヘアクリームが向いている人

ヘアクリームはオイルよりも毛先に引き渡りやすく、パーマをかけていたり髪の長い人、乾燥で髪がまとまらない人などに向いています。髪の乾燥を防ぎ、切れ毛や枝毛を修復してうるおいを与え、ヘアオイルよりも軽く艶のあるさらっとした仕上がりになるのが特徴です。

ヘアクリームはシャンプー後の濡れた髪でも乾いた髪でも、どちらにも使えます。髪全体の広がりを抑えて艶を出すには、シャンプーの後に手のひらにクリームを広げ、乾燥が気になる毛先を中心に内側から、髪の根元を避けて髪全体に揉み込むように広げましょう。

ヘアオイル・ヘアクリームを使う時の注意点

オイルもクリームもつけすぎは厳禁。毛先を中心に使い、髪の根元や頭皮にはつけないように気をつけましょう。イメージ通りに仕上がらなかったり髪質に合わないと感じた時は、つけ方や使用する量を見直したり、製品を変えてみるとよいでしょう。

髪の状態は常に変化するもの。梅雨の季節や冬の乾燥する時期など気候によっても左右されます。自分の髪の状態を見極めて、好みの仕上がりや理想のヘアスタイルを実現できるものを選んでください。