乾燥するのは水分不足かも?髪のパサつき対策

髪が乾燥すると、思ったようなスタイルが決まらないものです。髪がパサついてイライラした経験はありませんか?髪の乾燥は、水分が逃げてしまうことによるものです。今回は、髪の乾燥の原因と対策方法について紹介します。

髪が水分不足になる原因は?

健康で艶やかな髪の水分量は、12%~13%を常に保っているものです。しかし、髪の水分量が7%を下回ると、乾燥してパサついた髪になってしまいます。こうした髪の水分不足はどうしておこるのでしょう。

髪の内部には、水分を保持する成分があり、常にうるおいを保っています。乾燥によって、この成分が流れ出し、水分を保つ働きが弱ってしまうのです。さらに、髪の表面をおおうキューティクルがはがれ、乾燥をさらに加速させます。

髪の水分をいかに逃がさないかが、乾燥を防ぐカギといえます。

髪の水分量を保つためにはどうすればいいの?

髪の乾燥を防ぐことためのポイントは生活のいろいろなところにあります。髪の乾燥の原因として、ドライヤーの熱によるダメージがあげられます。高温の風を当て続けると、当然水分は逃げてしまいます。タオルドライである程度の水分をとっておき、ドライヤーの時間を短くしましょう。

また、ドライヤーを髪に近づけすぎず、動かしながら乾かすこともポイントです。頻繁なシャンプーも乾燥を加速させる原因となります。シャンプーは1日に1回で十分です。さらに、日光の刺激や空気の乾燥も髪の水分不足を引き起こしかねません。

帽子などを着用し、髪を乾燥から守ることも必要ですね。

頭皮の乾燥が髪の水分不足の原因になる

頭皮の乾燥が、髪の水分不足を引き起こす原因となることをご存知でしょうか。頭皮は、一定のリズムで新しく生まれ変わるターンオーバーをくり返しています。このリズムが崩れると、頭皮のうるおいが失われ、乾燥を招いてしまうのです。

頭皮の血行が悪くなることで、乾燥を含めた頭皮トラブルは起こりやすくなります。頭皮のマッサージで血行をよくするほか、運動不足の人は簡単な運動からでも始めることで、全身の血行がよくなり、頭皮にも血液が届きます。

今すぐできる!髪の乾燥を防ぐ対策法

髪の水分量を最適な状態に保つには、髪のダメージを最小限に抑えるヘアケアが必須です。過度のシャンプーを控える、ドライヤーで乾かしすぎない、髪質に合わせたシャンプーやトリートメントを選ぶ、頭皮マッサージを行うなどは、すぐに実行できる対策法といえます。

さらには、正しい生活習慣を心かげることも大切。十分な睡眠やバランスのとれた食生活、適度な運動やストレスを溜めない生活を心がけましょう。

髪の乾燥を防いで、うるおいのある艶やかな髪を常に保ちたいものですね。