知らなかった!髪が乾燥する見落としがちな原因とは

髪の乾燥に悩まされている人は多いはず。「しっかりと乾燥対策しているのに髪がパサつく」と困っている方もいることでしょう。冬の空気やエアコンは乾燥の原因として有名ですが、他にもまだまだ、髪を乾燥させてしまう原因はあります。

間違った髪の乾かし方

自分でも気づかないうちに髪にダメージを与える原因が「ドライヤー」です。毎日必要なことだから、さほど気にすることはないと思っていたら大間違い。ちょっとした工夫だけで乾燥を防ぐことができます。

まず、濡れた髪の毛に突然ドライヤーをあてるのはNG。髪が濡れている状態はもっともダメージを受けやすく、ドライヤーの風や熱が負担になります。また、毛先は非常に繊細な部分ですから、至近距離でのドライヤーはもちろん、無理に毛先を櫛で通したりしないように気をつけましょう。

シャンプーの種類と洗い方

「髪の乾燥が気になるけど原因がわからない」という方は、シャンプーの種類が髪に合っていないのかもしれません。高級アルコール系のシャンプーは強い洗浄力が特徴です。

場合によっては、頭の必要な油分までを落としてしまいますので、髪や頭皮にもやさしい成分でつくられたアミノ酸系シャンプーを試してみるといいでしょう。

また、洗い方も重要です。汚れや余分な皮脂をしっかりと洗い流すために、力を入れて洗い続けることも髪を乾燥させる原因になります。しっかりと泡立て、ソフトに洗う、これがシャンプーの基本です。

ダイエットでも髪はパサつく

毛髪は当然ながら、体の一部。その成長には栄養素が欠かせません。しかし、過度な食事制限による短期間集中型のダイエットなどをしてしまうと、体内の栄養が不足してしまうため、髪にまで栄養が行き届かずに「パサつき」や「抜け毛」が生じることもあります。

ダイエットは十分な栄養を摂取することに気を配りながら行いましょう。

髪にいいビタミンと考えられているのがビタミンCとビタミンEです。ピーマンやイチゴ、アーモンドなどのナッツ類にたくさん含まれている栄養素ですので、ぜひ毎日のレシピに加えてみてはいかがでしょうか。

乾燥対策でパサつきも心配なし

髪の乾燥というと、空気の乾燥によるものだとイメージしている方も少なくないようですが、パサつきの原因になることがたくさんあります。

キレイで元気な髪の毛でヘアスタイルを楽しむためにも、しっかりと乾燥ケアをしていきましょう。