夏が終わって髪がパサパサ!この乾燥髪の対策は?

「乾燥」と言えば冬をイメージする方が多く見られますが、紫外線の強い夏場にも、髪や頭皮が乾燥してしまうことがあります。ここでは、紫外線から髪を守るための方法や、すでに髪が乾燥してしまっている場合の補修方法などについてご紹介します。

紫外線も乾燥髪の原因のひとつです

紫外線によって、髪が乾燥してしまうことをご存じでしょうか。紫外線には水分の蒸発を促す作用があるため、紫外線を浴び続けると髪の内部の水分量が減ってしまいます。

また、紫外線には細胞や、毛髪のタンパク質を壊してしまう作用もあるとされています。頭皮の細胞が破壊されてしまうと、毛髪の成長がスムーズに進みにくくなり、枝毛や切れ毛などの現象が生じやすくなります。

頭皮や髪は、身体の中でも紫外線を浴びやすいか所です。そのため、特に紫外線が強くなる夏場には、しっかりと紫外線対策をすることが大切になるでしょう。

紫外線から髪を守る対策法

特に日差しが強い日には帽子やスカーフをかぶり、紫外線が直接髪に当たることを避けるようにしましょう。帽子などでしっかりと日光を遮断すれば、水分の蒸発を防ぐことができます。「帽子やスカーフは蒸れが気になる」という方は、日傘をさして外出するようにしましょう。

ヘアクリームやヘアオイルなどにも、紫外線を防止する効果があるとされています。クリームやオイルはヘアケアにもつながるため、お風呂に入った後だけでなく、外出前にも積極的に使用することを考えてみましょう。サラっとした手触りのものを使用すれば、外出時でもベタつきを抑えることができます。

すでに乾燥してしまった髪には、アウトバストリートメントがおすすめです

アウトバストリートメントとは、洗い流さないタイプのトリートメントのことを指します。洗い流す必要がないため、通常のトリートメントよりも長時間水分や栄養分を浸透させることができます。

アウトバストリートメントにも、さまざまなタイプがあります。乾燥が気になる方は、保湿力が高いとされているウォータータイプ、もしくはオイルタイプを選ぶとよいでしょう。また、髪が傷んでいる方には、ダメージ補修効果が高いといわれているミルクタイプ、もしくはクリームタイプが向いています。

髪質や髪の状態を把握し、自分にぴったりなアウトバストリートメントを選びましょう。

頭皮の保湿も忘れないようにしましょう

紫外線の強い夏場には、髪だけでなく頭皮の保湿も忘れてはいけません。太陽による紫外線の影響は、髪よりも頭皮の方が大きく受けるとされています。

頭皮の水分が紫外線によって奪われてしまうと、健康的な毛髪をつくることができなくなります。そのため、外出時にはできるだけオイルやクリームなどを使用し、水分の蒸発を抑えるようにしましょう。

すでに髪が乾燥してしまっている状態でも、しっかりとヘアケアを行えば、髪質を改善できる可能性があります。乾燥しているからと言って最初から諦めず、今回紹介した方法を実践してみましょう。