ワックスで髪が乾燥している?ヘアアレンジ好きは要注意!

髪が乾燥する原因にはさまざまなものがありますが、ワックスも乾燥の原因になってしまうことがあります。特に髪が乾燥している方は、ワックス選びの段階からこだわりを持つことが大切です。今回は、ワックスで髪が乾燥してしまう理由や、ワックスの選び方などについてご紹介します。

ワックスで髪が乾燥してしまう理由

ワックスが頭皮に付着してしまうと、含まれている成分によって毛穴が炎症を起こすことがあります。そのような頭皮環境では、毛髪は健康的に成長することはできません。成長が阻害された毛髪は乾燥しやすくなり、最終的には髪が広がったり抜けたりする原因となります。

また、ドライヤーをかけた後にすぐワックスを使用すると、ワックスの成分によって熱が閉じ込められてしまうため、髪は熱を帯びたままの状態になってしまいます。髪は熱を帯びると水分が失われやすくなるだけでなく、タンパク質も変性しやすくなります。

正しいワックスの使い方を心がけましょう

ワックスを使用する際には、できるだけ量を減らすことを意識しましょう。多くの量を使用すると、その分頭皮に付着する可能性が高くなってしまいます。少量ずつ手に取り、必要なか所に必要な分だけ使用することを心がけましょう。

ワックスを使用した日には、普段よりも念入りにシャンプーすることが大切です。洗髪でワックスを落とし切れないと、流れ落ちたワックスの成分が頭皮に付着してしまいます。特に日常的にワックスを使用する人は、ゆっくりと時間をかけてシャンプーするようにしましょう。

適度な水分が含まれているワックスを選びましょう

ワックスにはさまざまな種類があり、中には水分が多く含まれている製品も見られます。そのようなワックスを選べば、髪の乾燥をある程度防ぐことができます。

具体的な製品としては、「ウォーターワックス」をあげることができるでしょう。ウォーターワックスとは液体状のワックスのことであり、髪の毛になじみやすいといった特徴を持っています。また、シャンプー時に簡単に洗い流せる点も、ウォーターワックスのメリットです。

水分が多く含まれているワックスを使用する場合には、保管方法に注意する必要があります。フタが少しでも開いていると水分が蒸発してしまうため、しっかりとフタを閉めて保管するようにしましょう。

クリームタイプのワックスもおすすめです

クリームタイプのワックスも髪になじみやすく、適度な水分が含まれている製品が多い傾向にあります。中には天然由来成分のみで作られているクリームタイプのワックスも見られ、そのようなワックスを選べば、頭皮へのダメージを抑えることに繋がります。

ワックス選びではスタイリングのしやすさだけでなく、髪が乾燥しにくい製品を選ぶことも大切なポイントになります。できるだけ水分量の多いワックスを選び、正しい使い方をすることによって髪の乾燥を防ぐようにしましょう。