オーガニックの力で美髪に!ハーブトリートメント「ヘナ」の効果

「ヘナ」をご存知でしょうか。白髪染めの方法としてお馴染みとなっていますが、実はトリートメント効果が高いことも注目されています。ここでは、「ヘナ」で行うトリートメントの方法と効果についてご紹介します。

インド伝承のヘナとは?

ヘナとは、インドに古くから伝承されるハーブの一種で、爪や髪への染色に利用されてきました。その他インドでは、皮膚病や止血、火傷のケア等の医薬品としても利用されています。日本では髪や頭皮に優しい白髪染めとして利用されてきました。

染料として使われることが多いヘナですが、トリートメント効果に期待してシャンプーやトリートメントに使用されることもあります。ヘナを使ったトリートメントでは、艶やかな美しい髪とフケや痒みを抑えた健康な頭皮になることが期待されています。

ヘナを使ったトリートメント方法

ヘナでトリートメントを行う前にシャンプーを行う必要はありません。ヘナには髪と頭皮を綺麗にする効果もあるからです。また、カラーリング等で色を入れている場合には、利用すると髪色に変色が起きるので、注意が必要です。短時間であればそれほど色がつかないとも言われています。

乾燥した100%ヘナをぬるま湯で溶かし、ヘナペーストを作ります。色移りを防ぐためにゴム手袋をして、乾いた頭皮にヘナペーストをつけて髪と一緒にマッサージしてください。10分程度置いた後に洗い流します。 ヘナの効果を実感するためには、3日〜5日に1度のペースでトリートメントすることがおすすめです。

ヘナトリートメントの効果と注意点

ヘナでトリートメントを続けると、サラサラで艶やかなまとまりやすい髪になります。また、くせ毛の改善にも効果的です。1回では、効果が出にくいため使い続けることが大切です。また、ハーブ独特のにおいがあるため、よく洗い流します。特にロングヘアの方は入念に洗い流しておきましょう。ヘナでトリートメントを行うと、置く時間によってはうっすら赤茶色の髪色に染まります。

また、トリートメントをした直後は色落ちも激しいので、枕にタオルを置くなど色移りしないよう注意しましょう。

ヘナトリートメントの裏技

ヘナのハーブの匂いが気になる人は、ユーカリオイルや緑茶パウダーを一緒に混ぜて使うと匂いが気になりにくいです。また、ヘナ特有の赤茶色が好みじゃない場合には、インディゴを混ぜると暗い色になります。

ヘナの効果が気に入らずに落としたい場合には、洗面器にお湯とプロテインパウダー等のタンパク質を混ぜてそのお湯でヘナを洗い流してください。

ヘナを使ったトリートメントには、アーユルヴェーダの観点から、美髪、美肌以外にも安眠や癒しの効果があるとも言われています。ヘナトリートメントでナチュラルな美髪にチャレンジしてみましょう。