白髪染めを自分でやる、美容室でやるメリットとデメリット。

白髪が目立ってくると回数が増えてしまう白髪染めは意外と大変です。自分で染めてしまう人と美容室で染めてもらう人がいますが、どちらがよいのか疑問に思ったことはありませんか?自分でやる場合と美容室でやる場合のメリットとデメリットを比較しました。

自分でやる白髪染めのメリットは手軽にできること

白髪が増えてきて白髪染めの回数が増えてくると、一番に気になってくるのが費用です。自宅で白髪を染める場合、ヘアカラー代の最低数百円しかかかりませんので費用を気にする必要がありません。また、薬剤を購入すれば思い立った時にすぐに染めることができるのもメリットです。

スケジュールを空け、美容室に予約をする手間も要らず暇な時に行えますし、急に出かける予定が入った時に生え際が気になった場合にもすぐに対応することができます。

自宅での白髪染めはダメージが起こる可能性も

白髪をキレイに染めようと思った場合、ある程度の塗布テクニックが必要です。しかし、自分で染める場合には細かい薬剤の使い分けや塗り分けがしつらいため、美容院で行うよりも仕上がりやダメージの面で不利になることもあります。

また、薬剤も美容院のものとくらべて色が落ちやすい傾向があるため、染める回数が多くなってしまいます。自宅で行う場合、意外と準備や後片付けも大変です。床やお風呂を汚してしまうこともありますので注意が必要です。

美容室での白髪染めのメリットは仕上がりの美しさ

美容室で白髪を染める場合、一番のメリットは仕上がりの美しさです。美容室では髪質や色に合わせて染料の調整が可能なため、ダメージの酷い髪の毛でもキレイに見せることができます。また、カラーを繰り返している場合など、必要な部分に必要な薬剤を使うためダメージを最小限に抑えることができます。

すべて美容師におまかせすることができるため、わずらわしい準備は必要ありません。色も長持ちし、伸びてきた部分はリタッチで済ませることができるため染める間隔を開けることもできます。

美容室の白髪染めは費用と時間がかかる

美容室で白髪を染める場合にデメリットと感じることは費用が高額なことです。自宅で染める場合と比べると、費用は数倍ほどかかります。白髪が伸びてすぐに生え際が目立ってきた場合にリタッチをするにしても高額になってしまいます。

また、美容室での白髪染めは自宅で使用する薬剤に比べると時間が必要です。美容院に行って白髪染めを行い帰宅するまでとすると数時間かかる場合もあり、忙しい人にはデメリットに感じられるでしょう。

白髪を自分で染めるか美容院で染めるかは自分のライフスタイル次第です。白髪をどこで染めようかと悩んでいる人はこれらのメリット・デメリットを参考にしてみてください。