白髪って予防できるの?!みんなの白髪予防対策とは?

できてしまった白髪を黒くすることはできませんが、日ごろの生活習慣の見直しなどで白髪を予防することは可能です。白髪を予防するためのおすすめの対策をご紹介します。

白髪には改善できるものと改善できないものがある

白髪ができるのは、メラノサイトの働きが悪くなりメラニン色素が十分に作られなくなるため。原因は、加齢やストレス、栄養不足や睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなど多岐にわたります。

このうち改善できる白髪は、生活習慣の見直しなどで原因を改善できるもの。加齢による白髪は改善するのは難しく、白髪全体に占めるその割合も徐々に増えていきますが、アンチエイジング効果の高い食事や生活習慣によって白髪の発生を遅らせることは可能です。

1.睡眠をたっぷり取る

睡眠不足や不規則な生活は自律神経の乱れのもと。自律神経のバランスが崩れると新陳代謝や血行が悪化し、髪に栄養を十分送ることができなくなって白髪ができやすくなります。

白髪を予防するには、規則正しい生活を送り睡眠不足にならないようにすることが大切です。眠っている間に細胞を修復する成長ホルモンが多く分泌されるため、アンチエイジングにも効果があります。質のよい眠りを取れるように、寝室の環境にも気をつけてみましょう。

2.バランスのよい食事を取る

白髪予防にはバランスのよい食事を取ることが大切です。 メラノサイトの働きを助けるヨードを含む海藻類や、メラニン色素を作る成分のチロシンを含む乳製品などは白髪予防効果が期待できます。

海藻類や魚介類、豆製品などに多く含まれるミネラルも不足しないようにしたいもの。特に、メラニン色素合成に欠かせないチロシナーゼという酵素を活性化させる銅や、ケラチン合成に必要な亜鉛が不足しないように気をつけましょう。サプリメントもおすすめです。

髪を作るもととなるタンパク質や、アンチエイジング効果が期待できるビタミンC、ビタミンEなども忘れずに。

3.ストレスを発散する

メラニン色素を作るメラノサイトはストレスに弱いということがわかっています。また、ストレスは自律神経の働きを乱し、代謝が悪くなったり免疫力も落ちてしまい、頭皮を健康に保てなくなります。そのため、ストレスが続くと白髪ができやすくなってしまうのです。

白髪を予防するためには、ストレスの原因を解消するかストレスを発散することが大切。適度な運動で体を動かしたり、リラックスできるように深呼吸をするだけでも効果があります。

4.血行をよくする頭皮マッサージ

頭皮の血行不良も白髪の原因。そのため、頭皮マッサージも白髪予防には有効です。シャンプーの際に、爪を立てないようにやさしく頭皮をマッサージしましょう。シャンプーの前にはブラッシングをしておくと髪も傷まず効果的です。

ホルモンバランスの乱れによって白髪ができている場合もあります。出産によるものや最近は30代から始まる若年性更年期というものもあり、早くから更年期のような症状が現れる人も。思い当たる人は婦人科などで相談してみるとよいでしょう。