白髪染めって男性用ってあるの?正しく学ぼう白髪のあれこれ

白髪染めには男性用が売られています。女性用のものとどう違うのでしょうか。

男性用の白髪染めについて

白髪染めのカラーリング剤には、女性用と男性用のものが別々に売られています。基本的に中身はそんなに変わりません。男性が女性用のカラーリング剤で染めても、特に問題はありません。

では、なぜ男性用が売られているのでしょうか。実は、男性用のカラーリング剤は、男性により使いやすくできているのです。もともと白髪染めのカラーリング剤を買うのは女性が多かったのですが、男性も白髪染めをするのが一般的になりました。

そこで男性も買いやすい、使いやすいカラーリング剤が多数発売されるようになったのです。

男性用白髪染めは香料が違う

男性用の白髪染めのカラーリング剤には、女性用と比べて大きな特徴があります。そのうちの一つは、香料です。女性用のカラーリング剤は、女性が好む香りをつけてあります。女性向きの香りを嫌う男性のために、男性用のものは無香料や、男性向きの香りになっています。

女性っぽい香りが好きではない、または使うことに抵抗がある男性のために、男性が好む香りをつけたり、あえて無香料で作ってあるということです。匂いに敏感な男性は無香料を選ぶとよいです。

パッケージの違い

男性用白髪染めのカラーリング剤の、もう一つの特徴はパッケージの違いです。女性用のいかにも女性が使う、ピンクや女性画像入りの派手なパッケージではなく、男性が手に取りやすいデザインにしてあります。

お店で買う時に抵抗が少ないように、男性用のカラーリング剤は、男性が手に取っても違和感のないパッケージになっています。白髪染めを自分でしたいけど買うのが恥ずかしい、という男性も買いやすくなりました。見た目の違いはなかなか大きいです。

男性用白髪染めは男性に使いやすい

男性用の白髪染めカラーリング剤は、短い髪の男性に使いやすくできています。本体はコームがついているものが多く、短い髪をとかしながら手早くのばすことができます。

また、短時間で染められるように成分を配合してあるものがあります。スピーディーなタイプは、たった5分で染められます。短い髪を早く染めることができるのです。

白髪染めには、男性用と女性用があります。どちらも成分としてはあまり変わらないのですが、男性用は男性に使いやすく作られています。