白髪染めのシャンプーって本当に染まるの?メリットとデメリットとは

「最近、白髪がぽつぽつ出てきた」と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、めきめきと注目度がアップしている、白髪染めシャンプーについてまとめました。

白髪染めシャンプーは手軽さが魅力です

白髪染めシャンプーのメリットとして、自分で手軽にできることがあげられます。白髪染めシャンプーは、普段のシャンプーのやり方とほとんど変わりません。

家庭で行える白髪染めには、似たものとしてトリートメントがあります。髪に塗布し洗い流すという手順は同じです。しかし、塗布後の放置時間に注目すると、トリートメントよりシャンプーの方が短時間で済みます。

また、シャンプーの染色力はトリートメントより弱めなので、手が色素で染まることを気にする心配が少なくなるでしょう。

白髪染めによるダメージを減らしたい方に使ってほしい

白髪染めシャンプーのもうひとつのメリットは、いくつかある白髪染めのやり方の中でも、より髪へのダメージが少ないことです。

例えば、白髪染めヘアカラーは、髪の内部に薬剤を入れることで染めていきます。キューティクルの内部に働きかけるので、どうしても髪へのダメージは避けられません。

一方で、白髪染めシャンプーやは、髪の表面のみを染めていきます。ヘアカラーのように、髪の内部にまで染色力は及びません。したがって、髪や地肌へのダメージは少なくすむのです。

白髪染めシャンプーはゆっくりと染まっていきます

白髪染めシャンプーのデメリットのひとつは、髪が染まるまでに時間がかかることでしょう。 白髪染めシャンプーの多くは、毎日髪を洗うたびに使用し、それを2週間程度続けることによって、ゆっくりと髪を染めていきます。ヘアカラーのように、一度の施術で髪が染まるわけではないため、早く白髪を目立たなくしたい方や手間をかけたくない方にはあまりおすすめできません。

しかし、髪の伸びてきた部分のみ白髪を染めたいときなどは、白髪染めシャンプーの「毎日ゆっくりと染める」効果がうまく利用できるでしょう。

白髪染めシャンプーの仕上がりはどう?

仕上がりの面からみると、白髪染めシャンプーは、ヘアカラーによる白髪染めよりは染色効果が低いかもしれません。使用する人によって染まり方にムラが出たり、場合によっては気持ち程度の染めあがりになることもあります。

したがって、白髪染めシャンプーは、ヘアカラーほどの仕上がりは求めていない、自然な仕上がりが好みという方に合う染め方でしょう。

白髪染めシャンプーのメリットとデメリットをご理解いただけたでしょうか?白髪染めシャンプーに興味がもった方は、ぜひ使用してみてください。