ダメージ補修しながら白髪染め!トリートメントタイプの白髪染め

白髪は染めたいけれど髪の傷みが気になる…という方には、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。白髪染めトリートメントの長所と短所、おすすめの理由や使い方、アフターケアについてまとめてみました。

トリートメントタイプの白髪染めの特徴

ので、しっかり染まって色持ちがよい半面、刺激が強くかぶれたりアレルギーが起きやすいなどの問題があります。また、髪の毛も傷みやすいため、繰り返し使っているうちに髪の毛がゴワゴワになることも。

一方、白髪染めトリートメントは半永久染毛剤といわれ、脱色せずに髪の表面をコーティングして染めるしくみになっています。そのため、かぶれを起こしにくく髪も傷みにくいのですが、染まりにくく色落ちしやすいという欠点もあります。継続して使わなかった場合、平均的な色持ちは1~2週間です。

トリートメントタイプの白髪染めがおすすめの理由

トリートメントタイプの白髪染めは、使用の際の手軽さやダメージの補修ができる、髪を傷めにくくかぶれにくいなどの理由でおすすめです。白髪染めにはシャンプータイプもありますが、シャンプーの場合は毎日使用し続けることが必要。2週間程度かけて少しずつ染まっていくため、時間もかかります。

その点、トリートメントタイプは1~3回程度の使用で染まります。その後も3回に1回程度使うことで色を維持できるため、手軽でコストパフォーマンスも高いのが魅力です。少しずつ継続して染めるので、生え際の白髪が目立ちにくいというメリットも。

さらに、トリートメントとして髪に栄養を与えダメージを補修する効果も期待できます。

白髪染めトリートメントの使い方

白髪染めトリートメントの使い方は簡単。多くの製品はシャンプーの後でトリートメントとして使用するようになっています。中には、シャンプー前の乾いた髪に塗布するものも。

どちらも、説明書に書いていある使用時間を守って塗布後しばらく放置することで、しっかり色をつけることができます。このとき、髪全体をシャワーキャップで覆っておくとよいでしょう。その後、よくすすぎましょう。

3日に1回位の間隔で使用すると染まりもよく、色を維持することができます。

白髪染めのアフターケアは?

トリートメントタイプの白髪染めを使った後は、色持ちをよくするためにも、できるだけ刺激が少なく髪や地肌によいシャンプーを選びましょう。洗浄効果が強すぎるシャンプーは地肌の荒れや乾燥などのトラブルを引き起こし、白髪が増えてしまうこともあります。白髪のある方や白髪染めを使っている場合は洗浄力が穏やかなアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

長いおつきあいになる白髪染め。少しでも手軽で髪や地肌を傷めないものを選ぶことが大切です。白髪の多い方は時々美容院でしっかり染めてもらい、普段のお手入れとしてトリートメントタイプの白髪染めを使うのもよいでしょう。