白髪染めってめんどう。白髪を隠す手段と方法って?

白髪染めをしていても、すぐに白髪が現れたりすると毎回染めるのは億劫になってしまいますし、頻繁な白髪染めは髪や頭皮に対するダメージも気になります。そんな時に使える、白髪染めをせずに白髪を隠す方法を紹介します。

その時だけ白髪を隠してしまう一時染毛料

一時染毛料とは、シャンプーで落とすことのできるその日限りのカラー剤のことです。ファション用のカラーだけでなく、白髪を隠すための専用の商品も多数発売されていてます。急なお出かけの時や部分的に気になる場合にさっと使うことができる便利なアイテムです。マスカラのようなものやコーム、パウダーなどさまざまな形態のものがあり、とりあえす隠したいという時におすすめです。

中には少しずつ浸透して使っているうちに白髪が目立たくなるものもあります。

毎日のカラートリートメントで染めることも

美容室に行くのも自分で毛染めをするのも面倒という人には、白髪染めの効果のあるトリートメントもよいでしょう。数回使い続けていくうちにだんだんと白髪が染まってきます。即効性はありませんが髪の毛にもダメージがなく使えます。使用を中止すると元の髪色に戻ってしまいますが、普段のトリートメント代わりに使うだけなので、簡単で利用者も増えてきています。

特に下準備も道具の準備も不要のため、気軽に使用できるのが利点です。

目立たないようなヘアスタイルを工夫する

白髪が特に目立ちやすいのは髪の毛の分け目や頭頂部です。分け目をきちんと分けるのではなく、ランダムやギザギザにすることでも白髪をかなり目立たなくすることができます。また白髪が固まって生えている場合には分け目を変えてみることも効果的です。

また、髪の毛をおろしておくよりもまとめ髪などにアレンジをした方が白髪が隠れて目立ちにくくなります。フェイスラインや前髪の白髪は、ボリュームのあるブローで隠すことができます。

ヘアウィッグで白髪を隠すという方法も

頭頂部に白髪が多く、髪の毛のボリュームも気になる場合にはヘアウィッグの利用して隠すという方法も効果的です。部分的なトップピースをつけるだけでも十分白髪は隠れてしまいます。白髪隠し専用につくられたヘアウィッグもあり、自然な感じでつけていても目立ちません。

特に白髪をめを繰り返して髪の毛が痩せてしまっている場合などは、ウィッグでボリュームを補いながら隠せることで、白髪染めを控えて頭皮を休ませることができます。

染め続けることだけが白髪対策ではありません。特に頭皮や髪が弱っている場合には、隠すという手段を積極的に取り入れたほうが結果として白髪を増やさないことになるでしょう。