白髪改善に必要な栄養分って何?白髪の原因は栄養不足かも

気になる白髪、もしかしたら偏った食生活が原因かもしれません。白髪を改善するにはバランスのよい食事が大切です。白髪改善効果が期待できる栄養素をまとめてみましたので、毎日の食事に取り入れてみてください。

栄養が不足すると白髪になる?

白髪になるのは、メラニン色素が十分に作られないため。その原因は加齢やストレスなどさまざまですが、栄養不足もその一つです。体を健康な状態に保つために十分な栄養が必要なように、髪の健康を保つためにも栄養が必要です。

ダイエットや偏った食事などで栄養不足になると、メラニン色素を作るために必要な栄養素が足りなくなってしまいます。メラニン色素を作るために欠かせないチロシナーゼという酵素も栄養が足りないと働きが悪くなります。

白髪を改善するには、メラニン色素生成のサポートをする栄養素の他に、新陳代謝を促進し血行をよくする栄養素も積極的に摂ることが大切です。

白髪改善に必要な栄養素・ヨードとチロシン

ヨードは海藻類に含まれる栄養素。細胞の成長を助け新陳代謝を促進します。メラノサイトの働きを助けるので、白髪予防に有効です。ヨードを多く含むのは海藻類。髪のために海藻を食べるとよい、というのは本当です。イワシやサバなどの魚介類にも含まれるので積極的に摂りましょう。

チロシンはメラニン色素を作るもとになる成分のひとつです。チーズなどの乳製品に多く含まれます。バナナやアボカドなどの果物、アーモンドや大豆製品、カツオやマグロ、ちりめんじゃこなどの魚介類にも含まれています。

白髪改善に必要な栄養素・ミネラル

白髪の予防にはミネラルも欠かせません。特に、チロシナーゼを活性化させる銅は体内で合成することができないため、食事で補うことが必要です。また、髪を作るケラチンの合成に欠かせない亜鉛や、タンパク質の合成に不可欠な鉛、メラノサイトを活性化させるカルシウムなども摂っておきたい栄養素。

銅を含むのは大豆やアーモンドなどの豆製品、穀類、ごぼうやモロヘイヤなどの野菜、エビやカニの甲殻類、プルーンなどです。亜鉛は肉類や牡蠣、卵、大豆製品に、鉛は牡蠣や大豆製品、豚レバーなどに含まれています。

白髪改善に必要な栄養素・タンパク質やビタミン

髪を作っているのはタンパク質。まずは良質なタンパク質を食事でしっかり摂ることが大切です。 ビタミン類も積極的に摂りましょう。

抗酸化作用の強いビタミンCやビタミンEなどは、体を若々しく保つことが期待できる栄養素。ビタミンB群は成長を促進したり、皮膚などを健康に保つ働きがあります。タンパク質の代謝を助け、ホルモンバランスを整えるため、白髪予防に役立ちます。

白髪の改善には、バランスのよい食事が大切です。ここにあげた成分を含む食品を日ごろから意識して摂っていきましょう。栄養が足りていないと感じた時は、サプリメントで補給するのもおすすめです。