健康状態と白髪の関係

白髪は加齢現象の一つとされていますが、最近は若い人の間でも白髪になる人が増えてきました。なぜ白髪になるかというと、ストレスやダイエットなどの様々な原因があります。白髪の位置によっては、身体の不調の原因もわかるかもしれません。

黒髪の色が抜けると白髪になる

白髪は、黒かった髪の色が抜けて生えてきます。文字にすると白い髪ですが、実際は色素がなくなって透明な状態になっています。

髪は、細胞として誕生した段階では色がありません。それが、毛包にあるメラノサイトという色素細胞の影響を受けて初めて色が付くのです。白髪は、何らかの原因でメラノサイトが減少するか、働かなくなって生えてきます。ですから、原因を作らないように気を付ければ、ある程度の予防ができるのです。

栄養不足だと白髪になる

現代では食べ物が豊富で、栄養不足など考えられないかもしれません。

しかし、必要な栄養を適度に摂るのは難しいですし、ダイエットを始めて食事の量を減らすと白髪に繋がる可能性があります。

1日に3度の、バランスの取れが食事はとても大切です。食事制限が過ぎて、貧血になると、爪の変形や白髪になってしまうこともあるのです。思い当たる事があったら、すぐに食事内容の見直しをしましょう。

こめかみの白髪はストレスのサイン

白髪の目立つ場所に、こめかみがあります。こめかみに白髪があると、ほかの場所にはあまり生えていないことが多いのではないでしょうか。

こめかみには神経細胞があり脳へ刺激を伝えたり、脳からの指令を発信したりしています。この神経細胞を使いすぎると、その部分の血行が悪くなり白髪の原因になります。ストレスが溜まっていくと神経細胞も過敏になりますから、1日に1度はリラックスできる時間を作りましょう。

他にもある白髪の位置と健康の関係

東洋医学では、白髪に生える場所と病気には深い関係があると考えています。白髪の生える場所は血行不良になっていて、その原因は内臓疾患に関係があると考えるのです。

例えば、頭頂部の白髪は胃腸の不調と関係があり、頭頂部右は腎臓、頭頂部左は肝臓というようになっています。

他にも、前頭部は便秘や痔、つむじは心臓や肺、後頭部は生理不順、耳のまわりは歯槽膿漏などがあります。上記の位置で急に白髪が増えだしたら、健康チェックをした方が良いかもしれません。

規則正しい生活が白髪を遠ざける

白髪を根本的に治すような治療法は残念ながらありません。しかし、生活を改善することで、急に生えてきた白髪を黒く生え替わらせることはできます。

規則的な生活パターン、バランスの取れた食事、リラックスをできる時間を持つ、身体を休める。このような健康的な生活を続けていれば、白髪の予防になるのです。