ヘアカラーで白髪を染めるのはダメ?白髪染とおしゃれ染めの違いとは

白髪を染める際に、「白髪染め」と「おしゃれ染め」どっちを使えばいいのかと悩むときってありますよね。どっちを使えばいいのかわからない…という疑問を解決します!

二つは作り方が違う

一見、呼び方が違うだけで、同じなのでは?と思う白髪染めとおしゃれ染め。白髪が出てきてから染めようとしたとき、「今まで通りのおしゃれ染め(ヘアカラー)でいいのでは?」と考えがちですが、実はこれらは作り方が違うため、効果も異なっているのです。

おしゃれ染めで白髪を染めることができない

意外と知らない人も多いですが、おしゃれ染めで白髪を染めることはできません。この二つの大きな違いはというと、

白髪染め

・ 色素のない髪に色をつける
・ ブリーチ力は弱い
・ 染料力は強い

おしゃれ染め

・色素のある黒髪を一度脱色して希望の色をつける
・ブリーチ力は高め

このように、おしゃれ染めは色素のあるものを脱色して色をつけるので、色素のない白髪は染まりません。しかし、白髪染めは、色素のない髪にも色素がある髪にも色を入れることができます。そのため、白髪を染めるには、おしゃれ染めではなく白髪染めを使用しなければなりません。

ただし、白髪の本数がまだ少ない、そんなに目立たない、という場合はおしゃれ染め、ヘアカラーを使用しても大丈夫です。一方、根本の白髪が気になる、白髪の量が多いという人は、しっかりと染まる白髪染を使用したようがよいでしょう。