将来白髪にならないために

白髪は年をとってから生えるものと思っているかもしれませんが、最近は若い人でも目立つことが多くなってきました。白髪が生えると染めるしかなく、止めることはできないと思ってはいませんか?

しかし、なぜ髪の一部分に白髪が目立つようになるのか、その理由が分かれば予防に繋げることができるかもしれません。

なぜ、色が抜けるのか

髪は、毛根になる毛母細胞から生まれてきます。生まれたままの髪には、色がなく全て真っ白な状態です。それが、メラノサイトというメラニン色素の元になる細胞の影響を受けて、黒や茶色などの髪の毛が生えてくるのです。

白髪とは、毛根が痛んだり、メラノサイトを作る能力が弱くなったりすることで発生し、多くは加齢が原因と言われています。若白髪はストレスなどの影響で、メラノサイトの生成が上手くいかなくなった状態です。

白髪のサイン

白髪が生える場所によっては、身体のダメージのサインになることもあります。大部分の人は、最初から頭全体に白髪が生えることはないでしょう。部分的に白髪が目立つようになり、長い時間をかけて次第に範囲を広げていくはずです。

しかも、最初に目に付く部分白髪は、人によって生える場所が違います。なぜかというと、それは体調と関係しているからなのです。

白髪と身体の調子

頭頂部、ツムジや髪の分け目に白髪が目立つなら、紫外線が関係している場合があります。紫外線を大量に浴びると、たくさんの活性酸素が発生するので、毛母細胞が悪影響を受けて白髪が生えます。

こめかみは、神経細胞が通っている場所です。ストレスが溜まって神経細胞が疲れてしまうと、周辺の髪に影響が出て白髪になると言われています。また、どことは言いませんが、同じ場所ばかり白髪になるのは、乾燥などでその部分の頭皮が傷んでいる可能性もあります。

白髪予防

白髪の生える場所に注目すると、予防にも役立つかもしれません。頭頂部や髪の分け目では、帽子や日傘で紫外線を防ぐだけである程度は白髪を防止できます。

なるべくストレスを貯めずに発散せると、白髪だけではなくホルモンバランスの不調の改善などにも役立ちます。また、頭皮の乾燥など肌荒れの原因が酷くならないように、シャンプーの方法を改めるなどすれば、白髪の予防にもなるのです。

エイジングケア

顔は若々しくても、白髪があるとそれだけで年を重ねているように見えてしまいます。1本の白髪を発見したら、その場所に対応したケアをすれば、それ以上増えることもないはずです。

白髪の予防になる方法は、紫外線やストレスから身体を守り、頭皮を丁寧に扱うことです。1本の白髪の予防が、身体全体のエイジングケアに繋がっていくのです。