白髪が染まらない人におすすめの方法

髪は女性の美しさを引き立てる大切なポイントです!白髪が染まりにくい人に、きれいに染まるためのポイントを紹介したいと思います。

白髪を上手く染めるための5つのポイント!

1.自分の髪質をしること

人それぞれ髪質は異なります。軟らかくパーマなどがかかりやすい人と髪質が硬く、パーマがかかりづらい、スタイリングがしづらい人の2種類に分かれます。髪質によって、白髪染めの薬剤のタイプを選びましょう。

薬剤は、クリームタイプのものと、髪に揉みこんで馴染ませる泡タイプのものがあります。クリームタイプのものは、斑なく塗るのが大変ですが、生え際などに塗りこむことができます。泡タイプのものは、簡単に染めることができるのですが、髪質が硬く染まりにくい人には、クリームタイプの方が、おすすめです。

2.薬剤を染めて放置する時間を調整すること

薬剤によっては、放置する時間が長いものと短いものがあります。時間が短いほど、薬剤が強いので時間の調整は難しく、説明書に書いてある時間を守る方が髪に与えるダメージも減ります。そのため、白髪が染まりにくい人ほど、放置時間が長く置けるものを選ぶことがポイントです。

放置時間が長いものであれば染まり具合では時間を延ばしてみましょう。

3.区分けしながら染めること

白髪も、多い部分と少ない部分があると思います。どこら辺に白髪が多いのかを見てから、ヘアピンやゴムなどで髪を区分けし、薬剤を入念に塗りこみます。また、白髪は、新しく生えてくる生え際の部分に入念に染めていきましょう。

4.頭部を暖めること

温度によって白髪染めの薬剤の効き目も違ってきます。美容室などでもカラーやパーマをする際に頭皮を暖めたり、キャップを被ったりすることがあると思います。それと同じで、頭皮を30度くらいに保温することで色が良く染まります。

自分で染める際には、薬剤を塗った頭皮にラップなどを巻き保温をしましょう。

5.トリートメントで髪のダメージをケアすること

傷んだ髪は染まりにくい原因の一つとなります。髪のキューティクルが開いている状態が傷んでいるということです。その開いたキューティクルと閉じるためにも、普段から髪の毛のダメージをトリートメントなどでケアすることと、染めた後も、色が長持ちするようにトリートメントでダメージのケアをしましょう。

白髪染めも使い方次第できれいに染まる!

自分の髪質や、薬剤の成分の違いなどを知り、自分に合ったものを選ぶことで白髪をきれいに染めてみましょう!そして、その後のアフターケアも忘れずに行いましょう!