白髪でもきれいな芸能人、何が違うの?

「白髪でもあの芸能人はやっぱりきれい!何が違うの?」「白髪になっても、あの芸能人みたいにきれいでありたい・・・…どうしたら、ああいう風にできるの?」こんな疑問に答えていきましょう。

芸能人、白髪でもきれいなそのワケは?

芸能人の白髪の場合、それが「味」となるのはなぜなのでしょうか?もちろん外見上の問題もありますが、それと同じくらい大きいのは、「かけられるお金と手間が大きい」というものです。

芸能人の場合、「外見」は商売道具の一つです。そのため、手間とお金をたっぷりかけて、魅力的に見える状態を作り上げようとします。その結果として、同じ「白髪」であっても、とても魅力的に見えるのですね。

そこから見る、「私たちのやり方」

しかしながら、誰もがこのようなやり方をとれるわけではありません。 当然お金には限りがありますし、手間だってかけていられません。そのため、私たちには私たちにできるやり方で、白髪対策を考えていかなければなりません。

とても残念なことに、実は白髪に対する「特効薬」は開発されていません。薄毛の場合はミノキシジルをはじめとした薬が開発されているのですが、白髪にはそれがないのです。

そのため、私たちが対策を考える際には、「薬に頼る」という方法以外をとらなければなりません。

まずは基本、白髪染めなどを使う

まず真っ先に思い出す対策は、やはり「白髪染めなどを使う方法」でしょう。この方法をとる場合、髪の毛の傷みには気を付けてください。ダメージを軽減したい方は、植物のヘアカラーのヘナや酸性カラーのマニキュアなどもあります)

「白髪染めは、ヘアカラーよりも傷みが少ない」とする説がある一方で、「いや、ヘアカラーは使用を中止することができる。だが白髪染めはそうではないから、累積ダメージは白髪染めの方が大きい」とする説もあります。どちらの説を採用するにせよ、髪の毛にはダメージがあるのでトリートメントなどでケアしましょう!

生活習慣を変えていく

白髪は、髪の毛のメラノサイトの働きが鈍くなることで起こります。「なぜ」メラノサイトがこのようになるのかは判然としていませんが、薄毛と同じように、血流が滞ったり油物の食べ過ぎたりすることが原因の一つとなっているのではないか、という説もあります。

そのため、生活習慣を改善することもまた、白髪対策として有用だと言われています。もちろん、白髪染めと併せて行うのもおすすめですよ!まずは髪の内部からメラノサイトを活性化させてくれる、栄養素のビタミンB12や葉酸をしっかりと摂取する事が改善への近道でしょう。

「芸能人と同じお金と手間」をかけることは難しいもの。でも、努力次第で、きれいな髪を保ったままの白髪対策はできるのです!