市販の白髪染めはダメなの?用途に合わせた使い方

白髪が気になり始めて自分で染めたいけどダメージはイヤ。そんな希不安を解消する市販の白髪染めの使い分けがオススメです。

髪の毛をダメージから守る市販の白髪染めがある!?

市販の白髪染めは、配合されている成分で髪の毛を傷めると言う印象が強いです。ところが、毎日のヘアケアに取り入れると、ダメージを軽減した白髪染めが出来る様になります。

シャンプーやリンス、トリートメントに、自然由来で白髪染め成分が入っていると、少しずつ染めていくので強烈な刺激を与えないのです。化学的な成分を使用していないのでツンと来る強烈なニオイも気にしなくて良いです。

即効性のある市販の白髪染めでは、いかにも染めたばかりと言うのがわかります。じっくり毎日使っていく市販の白髪染めなら、急な変化が出ないので、自然な仕上がりになります。

髪の毛のツヤ・ボリューム感を損なわずに、白髪を染めるには、トリートメントタイプの白髪染めを使用するのがオススメです。

急ぎで染めないと間に合わない!そんなときに使う市販の白髪染めは?

出来るだけ優しい成分の白髪染めを使用したいですが、即効性が欲しい時もあります。この場合だけ、トリートメントタイプではなく通常の白髪染めを使用しても構いません。

ほとんどはリタッチとして、部分染めをすることになるため、分割使用できるタイプがオススメです。今までは市販の白髪染めを購入しても1回使い切りで、余った分を保存しておくことが出来ませんでした。ところが最近では、数回に分けて使用できる市販の白髪染めもあります。

たった1回分の少量のために、1箱分を余らせて捨てるのはもったいないです。トリートメントタイプの白髪染めはデイリーで使用しますが、臨時で間に合わせるには、従来型の白髪初めでサポートしましょう。常に髪の毛へのストレスがある分けではないため、安心して使用できるでしょう。

市販の白髪染めを上手に使い分けるテクニックをご紹介

ここまでご紹介した通り、急ぎなのかデイリーでの使用なのかで市販の白髪染めを使い分ける事が出来ます。使う時のコツも3つのポイントでご紹介しましょう。

1.慌てないヘアケアで白髪染めまで出来る

トリートメントタイプの白髪染めは、毎日のヘアケアで使えるので、自然な仕上がりになります。髪の毛に良い成分も配合していますので、ツヤを失う様なダメージは感じません。ただ、値段が高いと感じる方が多いです。

従来型の白髪染めは、数百円から1,000円代で購入できるので魅力的ですが、これからの頭皮環境を考えて、髪の毛を守る方法も検討して下さい。トリートメントタイプの白髪染めも多くの種類がありますので、髪質に合わせてリーズナブルなものを選んで下さい。

2.即効性があるからリタッチも早い

お出かけやお呼ばれの席が急に決まると、トリートメントタイプの白髪染めでは間に合いません。すぐに染め上げる事が出来る市販の白髪染めが必要になりますね。分割使用できるタイプを1箱持っていると、リタッチとして使い回しが出来て、費用の負担が軽くなります。

美容室でもリタッチなら2,000円程度で出来ますが、時間帯によっては利用できません。あくまでもサポートアイテムとしてですが、今まで使用していた白髪染めも、期間を守って保管しておきましょう。

3.トリートメントタイプなら何でも良いわけではない

やはり、トリートメントタイプの市販の白髪染めは、髪の毛にも優しいため、「色持ちがしない」「色が入りにくい」というデメリットも感じます。何種類ものアイテムが販売されていますので、ご自分の髪質に最適で、仕上がりに満足出来るものを厳選しなくてはいけません。

海藻成分で髪の毛を健やかにするものも多く、安全性は高いのですが、しっかり色が入るのかを確認して下さい。

以上の様に、市販の白髪染めは使い分けの方法がわかると、きしみのない染め上がりにすることが出来るので便利です。