抜いても増えない、白髪のメカニズム

髪の中に1本、2本の白髪があるのは、とても目立ちます。 見つけるたびに取ってしまえば簡単ですが、安易に白髪を抜くと髪にとってはダメージになります。 正しく白髪を知ることで、抜かないケアをしましょう。

白髪を抜くと増える?

結論から言うと、白髪は抜いても増えません。 ひとつの毛穴からは、だいたい3本の髪の毛が生えてきます。 1本の白髪を見つけて抜くと同じ毛穴から2本の白髪は伸びくることになります。 それで、増えているよう見えているのです。

メラノサイトの色素がなくなると、補充することはできません。 一度色素がなくなった毛穴からは、原則として白髪しか生えてはこないのです。

なぜ、色が抜ける

実は髪の細胞にはもともと色がなく、そのまま生えてくれば全部の髪の毛が白くなります。それが、毛根にある色素細胞のメラノサイトが毛母細胞に働きかけて、濃い色がつくのです。つまり、色のついた髪が生えてくるのは、メラノサイトと毛母細胞に順調に栄養が行き渡っているからなのです。

加齢やストレスなどで血行が悪くなると、それだけ細胞は栄養不足になり白髪になっていきます。 白髪は、髪と作る細胞に元気がなくなり生えてくるのです。

白髪を抜いてはいけない理由

白髪が生える毛根は、弱っている状態にあります。 髪の毛を抜くことで、弱っている毛根にかなりの刺激を与えることになります。 弱っている毛根にさらにダメージを与えることになり、髪を作っていく力そのものが失われてしまいます。 白髪を見つけるたびに抜いてしまうのは、髪の生えない毛穴を作っているようなものなのです。

少しでも白髪を増やさないために

根本的に、白髪を治す方法はありません。 できることは、髪を染めて隠すかこれ以上増やさないように対策をとることです。

簡単にできることは、食事内容の改善です。 髪や細胞の材料になるたんぱく質、メラノサイトを活性化するカルシウム、ホルモン生成に関係ある亜鉛、メラニン色素を黒くする作用がある銅などの栄養素を積極的に食べるようにしましょう。 具体的には、黒ゴマやアボカド、いちご、豆や豆加工品、お肉やお魚、緑黄色野菜、海藻など、まんべんなく食事に取り入れます。

そして、十分な睡眠と運動などでのストレスの発散、頭皮のマッサージを続けましょう。

体が健康だと白髪が増えないかもしれない

体のバランスを崩すと、それはやがて髪の状態にも影響を与えることになります。 白髪に限らず艶とハリのある髪のためには、体が健康であることが一番なのです。 白髪を増やさないためのケアと続けていると、やがて体も健康になっていくでしょう。