若白髪を予防するシャンプーの仕方・選び方

一説によれば、若い方の間で今白髪が増加しているようです。何かとストレスの多い世相を反映しているのでしょうか。特に若い時期の白髪は女性にとって大きな問題のはず。これから、その解決の糸口をご紹介して行きましょう。

なぜ白髪になるの?

髪の毛の「黒さ」の正体。それはメラニン色素です。日焼けしたときに皮膚を黒くする原因となる色素と全く一緒のものです。しかし、メラノサイトの働きが低下、あるいは必要な酵素が減少しますと白髪が増加しまいます。

加齢以外で白髪が発生する要因には大きく4つの可能性が考えられます。

1.ストレス

もちろん、精神的なストレスも大きな要因となり得ますが、極端な疲労といった「肉体的ストレス」も原因となり得ます。仕事が忙しすぎる、寝る時間が不規則、運動量が多い…これに加えて慢性的な疲労を感じている方は特に注意が必要です。

2.遺伝

白髪の量と発生時期は、かなりの確率で遺伝するとも言われています。両親のどちらかが若いときにすでに白髪で悩んでいた、などの事実があればそれを受け継いだ可能性も。1度、ご両親に若い頃のことを聞いてみるのもよいでしょう。

3.栄養不足

特に若い女性の場合には、ダイエットや偏食から栄養不足に陥るケースが多いようです。これは白髪の原因となるだけで無く、枝毛や裂け毛など髪質の維持にとっても好ましくありません。タンパク質や脂質も必要量はきちんと摂取しましょう。

4.病気が関係している

自己免疫系の疾患や悪性の貧血から白髪が増えることもあります。また、腎臓や肝臓など「内臓の機能低下」から白髪という症状が現れることもあるようです。心配であれば、一度お医者さんに相談してみましょう。

若白髪対策のシャンプーの方法&選び方

白髪がまだ数本点在するだけであまり目立たない場合、あるいは予防のお手入れをしたいという場合には、生活習慣の改善やヘアケアの見直しで様子をみることをおすすめします。

まず、ヘアケアの正しい順序は「シャンプー→トリートメント→リンス(コンディショナー)」です。順序を間違えますとトリートメントの有効成分が浸透するタイミングが無くなってしまいますのでご注意を。トリートメントは髪の栄養補給とダメージケアを行ってくれますから、白髪でお悩みの方は試す価値があります。

なお、トリートメントをより浸透させるために、シャンプーは「ノンシリコン」のものが良いかも知れません。頭皮まで優しく揉むように洗って、すすぎを特に入念に行うことがポイントです。頭皮を清潔に保ち、正常な新陳代謝が行われることが、白髪対策&予防の第1歩と言えます。

一方、すでに白髪の本数が多い、範囲が広いなどで目立ち始めている方は「白髪染めシャンプー」を使ってみるのも良いかも知れません。肌や頭皮、髪にも優しく回数を重ねるごとに自然に染め上がるようですので、一気にカラーリングするよりは髪へのダメージも少なくてすみます。